2012年 03月 11日
2011年もなんとかドイツのサッカーを見に行く・その1
 放置しすぎにもほどがある。いつの間にかもう春だよ。あれから1年だよ。

 混迷の春夏が過ぎ冬を迎える前になって、わずかばかり事態が落ち着いてきた頃、ようやく短い休みが取れて、2011年もドイツのサッカーを見に行くことができた。今回はドイツ滞在実質4日間という大変慌ただしい日程ゆえ、観光する余裕もなく、試合を見てファンショップをはしごして紙類その他を収集して帰ってきたという、まるで出張のような旅行となった。
…や、ただ欲望に従って自ら勝手に科したノルマをこなしたというだけで、あくまでもただの休暇です。仕事休んで遊びほうけてたんです。すみませんすみません。

 さすがに今年は無理かと思っていたので、どんなに短い日程だろうと、行くことができただけで本当にラッキーだと思っている。帰国後は余韻をかみしめるゆとりもなく、瞬く間に時が過ぎてしまった。記憶はどんどん薄れていく。今書いておかないと、多分もう思い出せなくなる。

◆オーバーハウゼン再び

 現在、ドリッテリーガ(3部)に属するRot-Weiss Oberhausen("RWO"=ロット・ヴァイス・オーバーハウゼン)。かろうじてプロリーグ(ドイツでは3.Ligaまでがプロ)にとどまっているローカルクラブなのだが、頻繁に動画を配信したりイベントを開催したり、小規模ながらファンショップがあったり、広報にはかなり気合が入っている。地元の映像製作会社がスポンサーになっていることや、ショービジネス界でも確固たる地位を築いているらしき理事長がいることと無関係ではないだろう。ファン向けのグッズも充実していて、オンラインショップには様々な商品が掲載されている。下部リーグであるがゆえ、メンバー入れ替えが激しい選手たちよりも、今や不動の地位を築いているとおぼしきUNDERDOG関連の商品が目立っていたりはするが(ちなみに、元祖マスコットであるはずのKleebärのグッズはひとつも見当たらない)。クラブのエンブレムは四つ葉のクローバーで、クラブカラーは赤、白、緑。デザインもおしゃれだし、オンラインカタログを見ているとつい色々欲しくなってしまう。
 が、しょせんは地方の小クラブ。海外通販など、最初から想定外扱いなのである。前回はUNDERDOGのキーホルダーしか入手しなかったのを今になって後悔してもどうにもならない。行かなきゃ買えないってことか…ならば行ってやろうじゃないの。

 ドイツへ行くならもちろん試合も見たかったのだが、この節の試合は、観戦を予定しているブンデスリーガの試合と日程が重なっていた上、宿泊先であるケルンからはかなり遠いビーレフェルトでのアウェー戦だったので、観戦することは叶わず。ということでファンショップのみの訪問となった。

a0021929_15392783.jpg 聖地再び。3部降格を受けて、心なしかうらぶれている…?

a0021929_1540634.jpg 同じ市内のショッピングモール内にある、こちらのショップの方が賑わっていたという事実が悲しい…
 
 ドイツ語もさっぱり喋れぬ謎のアジア人が、突然、閑古鳥が鳴くローカルクラブのファンショップにやってきて、様々なグッズを大人買い。という、あちらからすると全く意味不明の行動が不審がられている様がありありとわかったので、こちらからうっすら英語で経緯を説明。すると、スタッフのおじさんが、にこにこしながら奥から帽子を持ってきた。帽子にはFCバイエルン・ミュンヘンとRWOのエンブレムの刺繍。2009/10シーズンのDFB-POKAL、バイエルン・ミュンヘン戦での記念グッズだった。アリアンツ・アレナで現地観戦した試合がきっかけで、このクラブを知ったのだということはどうやら通じたらしい。
若干ながら相手方の不信感が拭えたような気がしたところで、お買い物続行。

a0021929_15413223.jpga0021929_15411692.jpg あえて日常使えそうな、黒い地味マフラーと、愛、重労働、情熱Tシャツ(「重労働」は、「ハードワーク」とした方がフットボールクラブらしくていいのかも)。黒地にこのデザインはかっこいい。

a0021929_15425021.jpg ストラップとピンバッジ、UNDERDOGマグネット(金属板に、適当にカットした磁石を接着剤で貼り付けただけのやっすいつくりだった)、応援歌CD(だみ声のおっさんが熱唱)、輪ゴムで束ねただけの裸の状態で出てきたサインカードセット(選手の皆さんだけではなく、UNDERDOGのサインも入っている!もちろん全部直筆)

a0021929_15434393.jpg…は、いいとして、裏面が全てコレってのが…濃すぎます。

a0021929_15441272.jpg わざわざ奥から出してきてもらったマッチデープログラム(2部の時より明らかに薄くなった)

ぺらっとめくると
a0021929_15444547.jpg …別バージョンがあったのか。パパスさん…ノリノリ(←死語)でウィンクしてるよ…
 ちなみに、ギリシャ人のパパスさんこと、ディミトリオス・パパス選手は2006/07シーズンから在籍している、筋金入りの熱血ファイター(←プレースタイルが)。チームがアマチュアリーグで低迷している時代に加入して以来、昇格しても降格してもRWO一筋で5シーズン目の、下部リーグの地元出身ではない外国人選手としては珍しく、一つのクラブに長居し続けている人である。なんの予備知識もなく初めてこのチームの試合を見たアリアンツ・アレナで、真っ先に目に付いたのがディフェンダーのパパスさんだった。バイエルンの選手に対し、臆することなくガツガツ削りに行っていたからな…

 RWOは依然として降格ゾーンをさまよい続けている。シーズン半ば、ついに監督がクビになり、「個性派(といえば聞こえはいいが)」マリオ・バスラー氏が新たな指揮官に就任したが、事態はさほど改善していないようだ。ドリッテリーガ(3部)からレギオナルリーガ(4部)への降格はすなわち、プロリーグからアマチュアリーグへの降格を意味する。先日、RWOホームの試合中継を見る機会を得たのだが、ガラガラのバックスタンドで暇そうに座っているUNDERDOGの姿が映し出されて愕然とした。大勢の観客がスタジアムを埋め尽くし、その中を縦横無尽に駆け回り、サインに煽りに大忙しだったUNDERDOGをこの目で見たツヴァイテ・ブンデスリーガ(2部)時代のことを思うと、全くもってショッキングな光景だった。これが降格というものか…てか、その3部ですら危うい現状ってどうよ。理事長、なんとかしてください。いやまじで。

 追記:年明け、このRWOのU-19カテゴリに、シャルケ04ユースでプレーしていた富田平選手が加入したとのニュースを聞いた。つい先日、日本のサッカー雑誌にもこのことが載っていた。日本の出版物で「ロット・ヴァイス・オーバーハウゼン」というクラブ名を目にする日が来ようとは。
 トップチームはとほほな状態だが、このネタに満ちあふれた楽しすぎるクラブ(注:邪道なファンの個人的視点)でチャンスを掴んで羽ばたいてほしいと思う。…(このままトップチームに進んだら裸プロモーションが待ち受けてるかもしれないけどね!)
[PR]
# by terrarossa | 2012-03-11 15:59 | サッカー | Comments(6)
2011年 12月 30日
自分用フットボール備忘録2011
 震災と原発事故のために、それまでぼんやり思い描いていた色々なものがいったんリセットされ、さらに転勤、引越、増え続ける業務量。いつまで続くのか?半減期が30年だそうだから、多分退職するまで影響していくんだろう。田畑や山林は動かせないからな。せめて脳内だけでも現実逃避しなきゃ、とてもじゃないがやってらんない。日常生活とは全く関係ないサッカーにはまって、ほんとに良かった。
 そんな2011年がもうすぐ終わる。

◆2011年に見た試合
 5月 4日アジアチャンピオンズリーグ:名古屋グランパス×杭州緑城(瑞穂陸上競技場)1-0
 6月25日Jリーグ:名古屋グランパス×浦和レッズ(豊田スタジアム)1-1
 7月17日Jリーグ:モンテディオ山形×名古屋グランパス(NDソフトスタジアム)0-2
 9月10日Jリーグ:柏レイソル×名古屋グランパス(日立柏サッカー場)2-1
10月22日Jリーグ: 大宮アルディージャ×名古屋グランパス (NACK5スタジアム大宮)2-3
11月 3日UEFAヨーロッパリーグ:シャルケ04×AEKラルナカ(フェルティンス・アレナ)0-0
11月 5日ブンデスリーガ:バイヤー・レバークーゼン×ハンブルガーSV(バイアレナ)2-2
11月19日Jリーグ:横浜Fマリノス×名古屋グランパス(日産スタジアム)1-2
12月 3日Jリーグ:アルビレックス新潟×名古屋グランパス(東北電力ビッグスワンスタジアム)0-1


 色々かいくぐって遠征に出かけた結果が9試合(半ば意地になって見に行っていたところもあったと思う)。応援しているチームが負けたのは1試合だけだった。

 その負けた試合が、柏×名古屋戦。初の日立台だった。素晴らしい雰囲気のスタジアムと聞いていたので期待していたが、それはアウェー客にはとことん厳しいという意味なのだということを即座に理解。ビジター席が最悪に見辛い。前の人の頭が邪魔になる傾斜の緩さ、座席の狭さ、そしてコーナーの後ろにも伸びている席。ホーム側のサイドが全く見えない。いつもはゴール裏で見るのだが、たまには座席で落ち着いて見たいと思ったのが裏目に出た。
 試合はというと、前半、名古屋が玉田の素晴らしいフリーキックで抜け目なく先制したが、やがて柏の執拗な攻めに名古屋が崩れ出す。中盤がつながらない。だから前に行けない。防戦一方になってぐだぐだになり、ついには逆転で敗戦。しかも監督がピッチサイドで暴れて(←語弊)途中退場…その模様はビジター席から全く見えない。見えないのに退場というのが二重に腹立たしい。後から調べたら、癇癪起こしてスピーカーを蹴っ飛ばしたらしい。こんなひどい内容の試合を見たのは初めてだったな…今までがラッキーだったのかもしれない。や、今にして思えば、さすが優勝チームでした、というところかなあ。
 そして実は、11月上旬にほぼ弾丸のような日程でドイツへ行った。2試合観戦してきたのだが、余裕のないスケジュールのせいで非常に悔しい思いをしたため、旅行記を書こうとかいう気がぜんぜん起きずに今に至っている。観戦した2試合ともドローで、ホームなのに凄まじいブーイングで終わるという、とほほな内容だったし。
 印象深かったのが、5月の名古屋×杭州緑城の試合。中国のクラブのプレーを見るのは初めてだったが、ブラジル人選手がよく機能してる、スマートな戦い方をするチームだなあという印象で、プレーも非常にクリーンだった。そういえば、アーセナルとの親善試合も大健闘してて、いい感じだったっけ(たまたまネットで観戦できた)。来シーズン、このチームの指揮を執るのが岡田さんなのだなと思うとなんだか感慨深い。

 来年は何試合観戦できるんだろうか。サッカー熱が冷めない限りは、なんとか時間を作って、できるだけ現地に足を運びたい。

a0021929_2571480.jpg バイアレナの電光掲示板。他会場の試合経過を表示してくれているところ。

[PR]
# by terrarossa | 2011-12-30 03:09 | サッカー | Comments(8)
2011年 10月 07日
運動不足は長寿の秘訣?
 ハスモンヨトウの蛹から出てきて、2010年10月27日に羽化したヤドリバエの一種(未同定・前記事参照)は、翌2011年1月7日まで、73日間生きていた。最後の方は翅がすり切れて多少みずぼらしい姿になりはしたものの、砂糖水をティッシュペーパーにしみこませた餌だけでずっと元気に生きていた。一体コイツの本来の寿命はどれくらいだったんだろうか。だが研究目的でもないかぎり、ハエの成虫なんぞ好んで飼育する人など皆無に近いとみえて、ハエ成虫の寿命がどのくらいかとか明記してあるような文献はなかなか見当たらなかった。
 それでも、実験動物としてよく継代飼育されているショウジョウバエについては、室内で大切に飼えば60日くらい、自然環境下ではその半分くらいの寿命という、おおざっぱな数字が出ている。「ハエ」の成虫の寿命は約4週間と書かれていたものもあったが、これは多分イエバエのことを指していると思われる。さらに、飼育した場合は80日程度生存するという記載もあった。飼育下での生育環境は、餌がじゅうぶんにあり、適温で、外敵のいない環境であるから、自然環境下での寿命に比べ長くなるのは当然と言えば当然だろう。
 ところが、飼育環境下でハエの寿命が延びる要因はそれだけではないらしい。狭い空間で飼育したハエ、つまり運動不足のハエの方が、長生きするというのである。

 これには、活性酸素の存在が関与しているのだそうだ。

 激しい運動、喫煙、ストレス、紫外線などが原因で体内に産生される活性酸素は、疲労や老化の原因となる有害な物質である。しかし、人間の体はうまく恒常性を保つようにできていて、活性酸素を作り出すシステムが存在する一方で、それを取り除く酵素の存在(防御システム)も同時にある。動物は、このような機能が備わることで生命を維持しており、活性酸素を処理する酵素の働きが高い動物ほど、寿命が長いと言われている。また、体重あたりの酸素消費量も寿命と密接な関係があり、体重に比して酸素消費量が多い(活性酸素の発生が多くなる)動物は、寿命が短くなると考えられている。

 人間の場合は、よほど過度な運動でない限り、体を動かし、スポーツを楽しむことは体に良い影響を与えてくれるし、様々な側面から、適度な運動は健康を維持する上で必要とされている。酸素消費量が増える=代謝が盛んになって活性酸素の発生量が増えても(疲労しても)、それを解消してくれる酵素の働きがある(疲労回復できる)からだ。

 ところが、寿命が短いハエのような動物は、代謝が高く体内に活性酸素が産生される量が多いにもかかわらず、それを解消してくれる酵素の働きが弱いので、飛翔行動などの「運動」によって産生された活性酸素は消えずに体内に蓄積していく。つまり、人間とは違い、「運動するほど疲労は蓄積していき、老化が進む」状態となる。
 これを裏付ける話として、狭い容器で飼育したハエ(運動量の少ないハエ)が、広い容器で飼育したハエ(運動量の多いハエ)より長生きするとか、翅を除去して飛べなくしたハエが、翅があって自由に飛び回れるハエよりも長生きするというデータがある。運動するたびに疲れが溜まり続け、ちっとも疲労回復しないで老化していくのがハエである、と書くと、なんだかハエが大変気の毒になってくるが、だからといって、長生きする代わりに飛べないハエというのも、ハエとしてどうなのか、と思うんだが。

 ということで、羽化した後も、そのままシャーレに入れっぱなしで飼育したヤドリバエ君は、狭い空間も幸いして長寿につながったと言えそうだ。運動不足は長寿の秘訣。ハエに限っては確かにそういことになるんだろうが、それもなんだかなあ…

a0021929_5293853.jpg最晩年のヤドリバエ。翅はぼろぼろになったが、最期まで大切な脚のお手入れに余念はなかった。2011年1月4日撮影。

[PR]
# by terrarossa | 2011-10-07 05:39 | いきもの | Comments(0)
2011年 09月 19日
Rot-Weiss Oberhausenに関する続報
 Rot-Weiss Oberhausen(RWO)公式ページのそこかしこにたびたび出現し、上半身裸の選手とともにTバック一丁のヌードを披露し(前記事参照)「負け犬テレビ」の鼎談にも登場している、こいつタダモンじゃねえオーラ全開のなまめかしいおっさんがあまりにも気になって仕方がなかったので、語学堪能な友人の協力を得てその正体を探りにかかったところ、大変興味深い事実が判明した(Nさん素晴らしいタレコミありがとうございます!)。

 やはり彼はエライ人だった。しかも、なんとクラブの理事長だというではないか。クラブで一番偉い人が文字どおり体張って裸で宣伝画像に登場するクラブって一体。

 でもって、件の理事長の名前が、「ハヨ・ゾマース(Hajo Sommers)」氏(52)だということも判明した。だがしかし、プロフットボールクラブのトップにしてはこのおっさん、あまりにも怪し…というか、妖しすぎる。案の定、ちょろっと画像検索したら、女装してるわ裸で踊ってるわで、もう。…ものすごい勢いで、ザンクト・パウリの元オーナー、リットマン氏のイメージが脳内再生される。ああドイツフットボールクラブの懐の深さよ。ガチで「ハヨ姐さん」だったってことかよ!まさにこの理事長にしてUNDERDOGという強烈な存在のマスコットあり、ガタイのいい野郎どもをばんばん裸にひんむいて撮影しまくるフォトセッションあり、てな訳だ。裸ネタは理事長の趣味だったということですね。…けしからん、あまりにもわかりやすすぎる。
 ということで、それまで抱いていた、もやっとした疑問がこれで一気に解決したと同時に、では、なぜこの、どこをとっても堅気ではなさそうなゾマース氏が、どういういきさつでこのクラブを率いることになったのか?という新たな疑問が。てことで調査続行。インターネットって素晴らしい。

 で、夜が更けていくのも忘れ、ひたすら検索→自動翻訳(笑)→検索を繰り返していくと、さらに我々の予想の斜め上を行く事実が発覚。てっきりガチで姐さんだとばかり思い込んでいたゾマース氏の婚約者というのが、それは素敵な大人の女性だったのである。動画などを見る限り、その物言い・物腰とも、絶対に姐さんにしか見えないハヨさんが……どっちもいける(←憶測でものを言うなよ)とはウラヤマシイ。奥深い。奥深すぎる。

 かように底知れぬ謎を秘めたハヨ・ゾマース理事長だが、その正体は、現役の舞台俳優であり、それだけではなく、自分の劇場を持ち、その企画・運営に辣腕をふるう(ふるってると思う)実業家なのだった!プロフットボールクラブのトップを任されるくらいなのだから、相当のやり手なんだろう。アウェイサポ向けな、「しゃいせRWO」プラスチックジョッキの制作販売も、ゾマース理事長の発案らしい(記事はこちら。いかにもフットボールカルチャー誌「11FREUNDE」の好きそうなネタである)。なるほどそうだよねえ。堅気のサラリーマンじゃこの発想はなかなか出てこないよな。女装も裸踊りも俳優活動の一環、ということだったのね。

 そもそもオーバーハウゼンという都市じたい、ドイツにおける映画製作の新たな潮流となったニュー・ジャーマン・シネマ発祥の地であり、衰退してしまった重工業の町から、文化都市としてふたたび町を活性化しようという方針のもと、芸術活動に力を入れてきたといういきさつがある。現在のオーバーハウゼンは、郊外に大きな劇場やホールがあって、様々な文化的イベントが行われていることで有名な町なのだ。そんな背景あっての、アバンギャルドなゾマース理事長、なのだろう。

 ちなみに、初めてRWO公式ホームページを訪れた時にお出迎えしてくれたTバックヌードの宣伝画像は、ロバート・カーライル主演の映画版が有名な劇、「フル・モンティ」のオマージュなのではないか、ということもうっすら判明。舞台に出演するゾマース氏の画像を見つけて合点がいった。Tバックを選手にまで強要しなかったのは、ハヨ姐さんの最後の良心なのか、それとも選手たちがクビ覚悟の上、全身全霊を賭けてドン引きした結果なのか、それは定かではないのだが。

a0021929_2312661.jpg 舞台「フル・モンティ」上演のもよう。左から三番目がハヨ・ゾマース氏。
 実は、この舞台の演出家がハヨ姐さんの婚約者なのだという。


 それにしても、数あるフットボールクラブの中から、よりにもよってこんなとんでもないクラブを引き当てるとは。運命って恐ろしい。
 だが…なんと魅力的なクラブであることよ、とかなんとか、のんびり感慨にふけっている場合ではなかった。そうだ、それどころじゃない!フットボールチームとしての本業!本業なんとかしろよ! (現在、第10節を終えて、20チーム中18位。RWO、引き続きレギオナルリーガ降格街道まっしぐら…ああああ)

a0021929_232228.jpg そんなRWOの今シーズンのモットーは「愛、重労働、情熱(Liebe, Maloche, Leidenschaft)」だそうである。愛と情熱はともかく、重労働ってなんなの…なにが待ち受けているというの……

[PR]
# by terrarossa | 2011-09-19 23:07 | サッカー | Comments(6)
2011年 09月 04日
いろんな意味で3部降格があまりにも勿体ない、Rot-Weiss Oberhausen
 予言タコ「パウル君」がいた町、オーバーハウゼンには、2011/12シーズン現在、3.Liga(3部)に所属する"Rot-Weiss Oberhausen(RWO)"というチームがある。なんの因果かこのクラブに大はまりして早2年。しかもはまるきっかけがここのマスコットだったという邪道っぷり。正統なファンの皆様には大変申し訳ないが、それほどまでにアイツのインパクトは強烈だった。ある意味、ドイツフットボール界最強キャラと言っても過言ではない、その名は"UNDERDOG"。直訳すると「負け犬」という、身も蓋もない自虐キャラだが、その開き直りとも言える傍若無人ぶりたるや。

 とはいえ、2部の最下層をうろつき、今シーズン3部に降格してしまったようなレベルのチームなど、日本広しといえど注目している者はいないと見えて、その全貌は謎に包まれたまま…てことで、いても立ってもいられず、その出会いから1年後(2010年)、直接ホームスタジアムに足を運び、試合観戦を果たしたのは過去記事のとおり。

a0021929_20294782.jpg UNDERDOGは、2009年シーズンから、アウトサイダー的存在なマスコットとして新たに登場したそうだ。過去には本物のガチョウのマスコットがいたのだが、ドリッテに降格してクビになった、というか、何者かに殺されてしまったという…お気の毒に。
 だが、オリジナルマスコットは犬でもガチョウでもない。実は"Kleebär"というクマのマスコットがいるのだが、今やUNDERDOGにお株を奪われ、影の薄いことこの上なし。かといって引退ということもなく、細々と活動中らしい(試合で目撃したことはない)。

 こんな強烈キャラが幅をきかせているクラブが、品行方正の真面目でお堅いクラブであるわけがない。
 たとえば、スタジアムで使う選手の写真やロゴの入ったデポジットのプラスチックカップを、アウェイサポが投げつけて捨てちゃうってんで、アウェイサポ向けに"F*** RWO"というロゴの入ったカップを作ったらしい。アウェイサポ向け"F*** RWO"プラスチックジョッキで小金を稼ぐRWOって…
 
 それにしてもRWOの公式サイト動画は、ドリッテのチームとは思えぬ充実っぷり。てか、「負け犬テレビ(←直訳)」ってなんだ。

a0021929_20373634.jpg 初めて公式ページへ行ったときにお出迎えしてくれた画像。なぜ裸。
 そしてこのクラブ、2011/12シーズンも裸ネタ全開。しかもどうやら、それについて鼎談しているあやしさ満開のおっさん3人組(エライ人たちなのかもしれんが)。
 さらに、今シーズンのフォトシューティング動画注:れっきとしたドイツのプロフットボールクラブの公式フォトシューティングです)。股間に詰め物はねえだろう。そして選手の皆さんはなぜナチュラルに脱ぐのだ。しかも交代で。カメラマンだけ始終冷静なのがますます笑いを誘う。淡々と撮り終えて、最後に「だんけしぇーん」とか。この路線でいこうと考えたの誰だよ!あのおっさまたちか?

 そんなRWOだが、今シーズンはトップチームに昇格してきたかわいい子もいるようだ。

a0021929_20311294.jpg Jannis Schliesing君。場数を踏んでないせいか、笑顔がまだまだぎこちない。
 だが、今は初々しいヤニス君も、やがてこのクラブの強烈カラーに染まっていくんだろうか?や、もうフォトシューティング参加してるし、すでに手遅(以下略)。将来移籍することになったら、移籍先で「このクラブは、なんで脱がないんだろう?」と疑問に思ったりしやしないだろうか…ひいいー。

 RWO、地元では人気を博しているらしいことはなんとなくわかるんだが、ドリッテ降格とか情けないので、本業にも力を入れてツヴァイテに戻ってきて欲しい。いやむしろ、そこ重要。でないと、試合見られないし!(さすがにドリッテの試合中継はやってくれないしな)極東でネタクラブ扱いされてる場合じゃないだろうよ。もっと頑張るんだUNDERDOGのために!(←いろんな意味で問題発言)

…ここまで書いて、肝心の競技内容には一言も触れていないことに気づく。いや正直、薄ら笑いしか出てこないようなお粗末プレーなんだよ…2部から落ちて3部で奮闘かと思いきや、最下層へ真っ逆さまにドボンしてて、4部(アマチュア)降格もうっすら見えてる状態なんだよ…頑張れー負けんなー…
[PR]
# by terrarossa | 2011-09-04 20:54 | サッカー | Comments(0)