<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2010年 06月 03日
ロシアのサッカーも見に行く その4:ハバロフスクのスタジアムとその周辺を歩く
 「ゴールデンウィークにロシアでサッカーを見よう!」という思いつきはかなり唐突で衝動的なものだったため、準備に動き出した時は、既に希望するフライトは満席。で結局、コンパクトな旅程を組むことができず、だらだら1週間も極東ロシアに滞在し続け、帰国便はウラジオストクからではなく、ハバロフスクからとなった。
 こんなことならモスクワでもサンクトペテルブルグでも余裕で行けたんじゃ、と帰国後ふと気づいたのだが後の祭り。思いつきと勢いだけで行動しているからいつもこういう事になる。いいかげん学習しろ自分。

 ウラジオストク・ハバロフスク間は寝台列車「オケアン号」で移動、ハバロフスクでは丸一日時間が取れたので、ハバロフスクのスタジアムやサッカーチームの練習風景も少しだけ見ることができた。

a0021929_2454148.jpg ハバロフスクには、ルーチ・エネルギヤ・ウラジオストクと同じ、ディビジョン1所属の、スカ・エネルギヤ・ハバロフスク(СКА-Энергия Хабаровск) というチームがある。現在の名称になったのは1999年からで、チーム名の"СКА"は軍のスポーツクラブである(もしくは、かつてあった)ことを指し、"Энергия"は、ウラジオストクのルーチ・エネルギヤと同様、電力会社等のエネルギー開発関連の企業がスポンサーであることをうかがわせる。トップリーグ(ロシア・プレミアリーグ)へ昇格したことはまだないようだ。
 かつて数シーズンにわたってロシア・プレミアリーグに所属し、多少なりとも日本との交流を持つルーチ・エネルギヤ・ウラジオストクにくらべると、得られた情報は極めて少なかった。ハバロフスク滞在もわずか1日で、試合を観戦したわけでもないので、ほんのさわりだけ目撃して帰ってきちゃった、という感じかなあ……


a0021929_2462054.jpg スカ・エネルギヤ・ハバロフスクのホームスタジアム、レーニン・スタジアム。15,200人収容。いかにも旧ソ連時代的な「レーニンなんちゃら」などという名称を使っているスタジアムは、ロシア国内ではここくらいしか残っていないらしい。
a0021929_247911.jpg


a0021929_247409.jpg ウラジオストクでも、駅前にどーんと立っていたレーニンさんですが(カモメの定位置らしい)、
a0021929_2481259.jpg 「レーニン」スタジアムというくらいですから、こちらのスタジアムそばにもいらっしゃいました。



a0021929_2484588.jpg スタジアム内で練習しているのはもしやトップチーム?遠くからちょっとだけのぞくことができた。

a0021929_2492387.jpg スタジアムから少し離れたフィールドでは、別なグループが練習中。
a0021929_2494479.jpg
 よく見ると、マンチェスター・ユナイテッドがまざっている。

a0021929_2501299.jpg どうやら、下部組織の選手たちのようだ。転がってきたボールを返してやったら、ボールを受け取った27番くんに満面の笑みで「スパシーバ!」と感謝された。将来のロシア代表目指して頑張れよう。

……などと、なごんでいる場合ではなかった。ここはシベリア、アムール河畔。ちょっと練習見学しようと立ち止まろうものなら、即座に押し寄せる蚊の大群。片時もじっとはしていられない……それは選手も同様。おそるべし、シベリア。


*****************************************************************
[PR]
by terrarossa | 2010-06-03 02:59 | サッカー | Comments(0)
2010年 06月 01日
ロシアのサッカーも見に行く その3:ディビジョン1(2部リーグ)の試合を観戦する
 16:00、ルーチ・エネルギヤ対ウラル、キックオフ。
 このスタジアムはゴール裏に座席がないので、バックスタンドの両端が、いわゆるウルトラス席なのだが……

a0021929_23544210.jpg ホーム側。こっちがホーム側……だよね?と思わず再確認するほど人がいない。
 いやいや、少数精鋭で熱い応援を繰り広げておりました。(モノホンの軍隊か警察から大量動員されたのであろう)警備員のほうが人数多いじゃん!というくらいだったので、発煙筒等々、キケンブツが使用された場面はさすがになかった。
a0021929_23551532.jpg アウェイ側。いるのは関係者だけか?かろうじて横断幕だけは持ってきたみたいだ。エカテリンブルグ(ウラルのホームタウン)、遠いもんなあ……

 お客さんが少ないせいで、仕事にあぶれまくっているバックスタンド側の警備員たちは、いつしか職務そっちのけで試合観戦。
a0021929_235602.jpg 試合開始10分後。
a0021929_23563042.jpg  20分後(……)。
a0021929_235706.jpg ……いや、ほら、メインスタンドはぎっしり埋まっていたから!

 この時、ルーチは20チーム中18位と、未だ勝ち星がひとつもない不調のズンドコどん底状態、対してウラルは2位と好調。まだ8節とはいえ、成績だけ見れば、圧倒的にルーチ不利。

 ルーチの布陣はたぶん4-2-3-1。ところが、ワントップのはずのFWがどうみてもイマイチ。というか、チームそのものが、18位・3部降格はすぐそこですよー、も納得だよなというようなグダグダっぷり。パスはつながらない、クロスはあさって、力任せのシュートは宇宙の彼方、肝心なところでバックパス。ああっデジャブが(どこでとは言いませんが)。
 ところが、好調2位のはずのウラルがさらにグデングデンで、ゲーム自体が、うん、ロシア2部リーグだし、と思うようにして見ないとストレスが溜まりそうなアレな内容に。遠隔地アウェイ恐るべし。
 あのう海外からわざわざロシア極東くんだりへ足を運んでまで見るような試合内容じゃないんですがー!!

 物見遊山な外国人の無茶な心の叫びにもかかわらず、どっかの親切なロシヤの神さんが聞き届けてくださったのか、だるーい展開ながらも前半20分すぎ、ルーチがフリーキックを得、相手ゴールキーパーがはじいたこぼれ球を、今回のマッチデープログラムの表紙の人、トップ下のマクシム・フョードロフ(Максим Федоров)選手がヘッドで押し込んでゴール!

a0021929_23573554.jpg
 この場面のあとに得点が入った、はず。フリーキックを蹴ったのは背番号7番、左サイドバックでキャプテンのアレクサンドル・ダンツェフ(Александр Данцев)選手。

 ところが、後半が開始していくらも経たないうちに、そのフョードロフ選手は二枚目の黄紙を頂戴して早々と退場。ただでさえアレな状態なのに後半ずっと10人かよ!と危惧するも、次々と交代カードを切って(ここのリーグは4人まで交代できるようだ)なんとかルーチがそのまま逃げ切り、めでたく今シーズン初勝利となった。

 印象に残った選手は、
a0021929_23575975.jpg ひょろーんと細長いゴールキーパーのミハイル・コマロフ(Михаил Комаров)選手。試合中に「もっと盛り上がれよーオラオラァ」と派手なゼスチャーで観客を煽る煽る。陽気でノリのいいヤツのようだが、ゴールキーパーなのにファンタジスタ。あまりにもプレーがスリリングで、見ている方は生きた心地がしなかった。や、ネタ的にはじゅうぶんいけてそうな選手かもしれぬのだが……
a0021929_2358306.jpg ちょっと別格だなあと思ったのが、小柄な右サイドハーフの8番、マクシム・ブルチェンコ(Максим Бурченко)選手。その足技の巧みさに歓声が上がる場面もあった。プレーは目立ってたし際立ってた。あとで調べたら、この人は長いことトップリーグでプレーしていたということを知り、なんとなく納得。

 ロシアなので、お客さんは酒など飲みつつ観戦か、と思いきや、がばがば酒を飲んでいた人は少なく、真面目に観戦している感じだったのが意外だった(メインスタンド席だったからか?ビールには寒すぎる季節だったからか?)。それでいて声援はなかなか熱く、野次が飛び、笑い声も時々起こり、点が入った時などは大いに盛り上がり、非常にいい雰囲気だった。いろんな意味で楽しかった!

a0021929_23592221.jpg 観戦のお供はヒマワリの種。ということで試合終了後。座席の下にはヒマワリの種の殻と煙草の吸い殻が点々と。

[PR]
by terrarossa | 2010-06-01 00:44 | サッカー | Comments(0)