<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2010年 04月 18日
軟弱本読み、脳内祭りに踊る
 図書館や本屋だったら一日中入り浸っていられるし、その状態を幸せだと感じるくらいには本が好きだ。同じように漫画も好きだ。それでも、読書が趣味というほどたいした冊数は読んでいない、と思う。近頃話題の本など、そういえば全く知らない。本を読むこと以外に関心事があると、その時の気分次第で全く読まない時期が続いたりもする。

 久々の「読書の大波」は意外なところからやってきた。
 ここしばらくは「アメリカもの」の本を読む機会が続いていたのだが、そういう状況で、いきなり「脳内バルカン祭り」開始。そのきっかけは、もう後戻りできないところまで「沈没」してしまった、サッカーである。
 欧州サッカーに嵌れども、欧州はあまりに遠し、という状況で悶々としていたところ、日本の名古屋グランパスにドラガン・ストイコビッチ監督が就任したのである。以前ブルガリアを旅行して以来、なにか訳のわからぬモヤモヤをずっと抱え込んでいたことも相まって、一気に関心は時代と国家に翻弄された名選手とその背景に向かったのだった。
 もちろん、関連図書を数冊読んだくらいで、あのあたりの複雑な事情などわかろうはずもない。が、読むほどに知りたくなる。特にイスラム教、旧共産圏……自分が関心を持ち続けていたものが有機的につながっていく実感がたまらない。脳内ドーパミン出まくりってこのことか。不謹慎を承知で言うならバルカン萌えとも……そう、実生活と世界情勢にはなんの役にも立たぬ自己完結型妄想状態。重症である。

 競技人口世界一とも言われるサッカーである。当然ながらフォローする範囲はどんどん広がっていき、ここにきて「脳内旧ソ連邦祭り」が一気に加速。
 もともと、かの地域への関心は、長いこと通奏低音のように続いてきた。およそ30年の昔、まだ「鉄のカーテンの向こうにある国」である時代、雑音混じりのラジオから聞こえてきた日本語の「モスクワ放送」を偶然耳にした時が、全ての始まりだった。長じて、ソ連邦が崩壊し、一般シロート外国人にも門戸が開かれて以来、実際に数度にわたってロシアを訪問した。今回は、そこに「サッカー」というキーワードが加わった。そして脳内ワールドは一気に拡大した。サッカーをテーマとした、あるいはサッカーのことに触れている本は非常に多い。これまで全くそういう視点を持ち合わせていなかったので、それぞれバラバラなアプローチをしている本の内容が、実は一つの競技でつながっていることもあるのだという「発見」が面白くて仕方がない。なんとか時間をやりくりして、もうちょっと色々関連の本を読んでみよう、そうしよう。

 バルカン、旧ソ連邦、ときてフットボールとなれば、日本だったら木村元彦氏・宇都宮徹壱氏の著書だろう。全部とまではいかないが、手に入れられるものは購入し、たいへん楽しく刺激的な読書の時間を過ごすことができた。が、この両氏の本はその筋ではあまりにも有名なので、ここではあえて、あまり有名ではない、しかし面白かった本にも触れてみたい。

中・ロ国境4000キロ
岩下 明裕 (著)

 ユーラシア研究の第一人者である著者が自ら赴いた4000キロ。がっつり読みごたえある、ハードな内容の学術書。

中・ロ国境の旅―「4000キロ」の舞台裏 (ユーラシア・ブックレット)
岩下 明裕 (著)

 旧ソ連邦諸国の研究、情報などを多面的に紹介している「ユーラシア・ブックレット」シリーズの小冊子。
上記の「中・ロ国境4000キロ」のメイキングともいえる、こちらは「旅行記」。二冊合わせて読んで、ようやく形が見えてきた感じ(とほほ)。ロシア極東や中・ロ国境を訪れた時のことを思い出しつつ読んだら、また行きたくなってしまった!

ロシア・サッカー物語 (ユーラシア・ブックレット)
大平 陽一(著)
 
 その「ユーラシア・ブックレット」から、サッカーをテーマとした一冊。
 ロシアサッカーの歴史に関するコラム集。政治とサッカー、クラブの成り立ち、選手や関係者の逸話など、60ページあまりとコンパクトながら、ロシアサッカー入門編として楽しく読める。

ディナモ―ナチスに消されたフットボーラー
アンディ・ドゥーガン (著)

 第二次世界大戦とサッカー。副題に「ナチスに消されたフットボーラー」とあるが、背景のあまりの複雑さに打ちのめされる。事実が真実であるとは限らないのだ。

ブンデスリーガ―ドイツサッカーの軌跡
ウルリッヒ ヘッセ・リヒテンベルガー(著)

 では、ドイツサッカーはどうだったかということで。
 タイトル通り、ドイツサッカーの軌跡。あまりにも濃いい一冊。重厚すぎて、とても一度では消化しきれねぇ(苦しいが楽しい)。こういう本は、知ってる選手や関係者が多いほど楽しめるんだろうなあ。もっと学んでからまた読もう。

ディナモ・フットボール―国家権力とロシア・東欧のサッカー
宇都宮 徹壱(著)

 ソビエトとドイツとディナモが出たところでこの本。旧共産圏諸国に存在するフットボールクラブ「ディナモ」。かつて国家権力と密接な関係があったそれらのクラブ「ディナモ」は、社会主義崩壊によって現在、どのような状況にあるのか。著者はそれらの地域に赴き、「ディナモ」の現在を確認してゆく。

 サッカー関連の四冊はテーマ上、内容は少しずつ被っているのだが、その被っているところの解釈が微妙に異なっていて、ちょっと混乱する。そう、ノンフィクションはこういうことがあるので、一冊だけじゃ恐い。できることなら同じテーマを扱った複数の著者のものを読むべきってことか……
[PR]
by terrarossa | 2010-04-18 22:48 | | Comments(3)