<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2009年 02月 28日
アラブ・ポップはドドンパドン
a0021929_2451863.jpg 二年前に現在の職場に転勤して以来、通勤時間は往復で二時間弱、業務での運転を含めると、一日の走行距離が200㎞を超える日なんかもしばしば発生するようになった。最初の内は長時間の運転にくたびれ果ててうんざりだったが、さすがに二年も経過すると少し慣れてきて(しかしすっかり腰痛が定着してしまった……)、運転中に音楽を楽しむ余裕も出てきた。ということで今、通勤途上の車内で、「ひとりアラブ音楽まつり」を大々的に開催中である。三年前の「ひとりアラブ映画まつり」に続く、久々の脳内ビッグイベントである。
 アラビアン・ポップスとの邂逅は、さかのぼること二十年の昔、ノイズやフェージングと格闘しつつ受信に成功した、クウェートやヨルダン、アラブ首長国連邦のラジオ番組でだった。「これはいったいなんなんだ!?」というカルチャーショックとともに多くの疑問がわきおこりはしたものの、その世界ははるかに遠く、当時はそれ以上深く突っ込む機会も術もなく、保留状態のまま歳月が流れていたのであった。
 そして現在。いやほんっとーにインターネットってすばらしい。CDを入手し、ネット映像を閲覧し、めくるめくアラブ音楽の世界にどっぷり大ハマリの今日この頃なのである。
 アラブの流行音楽は、全力直球勝負。変化球無し。熱く、そしてギンギンに濃い。サウンドもさることながら、アーティストの外観も同様である。わかりやすい。女性アーティストはセクシーダイナマイトなゴージャス美女、男性アーティストはエネルギッシュでガチムチ体型……なぜかメタボ気味の人が多いような……
 温帯在住で農耕民族の日本人には、アラブ・ポップの暑苦しさとくどさに胸焼けし、いっぱいいっぱいだと思う人のほうが多いかもしれないが、逆に向こうの人が現在流行中のJ-POPを聴いたら、難解なうえに薄すぎて、さぞかし物足りないと感じるんじゃなかろうか。気象条件および住む人の面構えや食生活は、その地で好まれる音楽の傾向と無関係ではないだろう。てか、むしろ強い相関があるに違いない。
 ヒットチャートにのぼるような今どきのアラブ・ポップのサウンドは、欧米圏のそれに近い感じもするが、リズムが決定的に違う。リズムが「ドドンパドン」もしくは「チャカポコチャカポコ」である確率が非常に高いのだ。一聴して「お、洋楽っぽいじゃん」と油断していると、その背後にはチャカポコが潜んでいたりする。さらに、たとえ「ポップミュージック」であったとしても、コブシを利かせるのが定番の唱法のようで、そうなるともうポップスではなく、演歌のように聞こえてくる。日本の演歌を好きになる中東の人はたくさんいる、という話は本当のことだろう。

 以下、著作権の問題というのは常にあるだろうけれど、未知の音楽世界を知るためには必要不可欠な動画投稿サイトより。

 エジプト大衆歌謡のスーパースター、ハキームのナンバーを二曲。常に上げ上げハイテンションで音楽活動に励んでいるとおぼしき彼のミュージックビデオ視聴には、相当の体力と気力が必要……かもしれない。

Hakim: El Salamo Alikum
 パワフルなおっちゃん、ハキームの真骨頂、ドドンパドンなアラブ・ポップ。マサラムービーのごとき、エンタテイメントあふれるビデオクリップがとにかくすんばらしい。

Hakim feat. James Brown: LELA
 なんと、ファンクの帝王、ジェームス・ブラウンとの競演も果たしている。脳天を突き抜けるようなハイトーンボイスがこの人の持ち味ということらしいが、いわゆるクリアな高音ではない。ざらつきながらぐいぐい伸びていくのだ。すっこーんとは抜けずに、一緒に根こそぎ持ってかれる。そこがたまらない魅力。

Ahmed El Sherif: Sahran Maak El Leila
 レバノンのちょっぴりメタボなさわやかアニキ、アーメッド・エル・シェリーフのご機嫌なナンバー。ラテンとアラブ、違うようでいて実は非常に近いのだということを力ずくで納得させられた一曲。でもビデオクリップ中の踊りは、あくまでもベリーダンス風。近年のアラブ音楽は、「こってこて」とは一線を画し、欧米圏のロックやファンク、フラメンコの要素を取り入れることも盛んなようだ。
 で、この人は、多分「アイドル」という位置づけをされている、と思う。
[PR]
by terrarossa | 2009-02-28 03:07 | 音楽
2009年 02月 15日
台湾の食品よいずこへ
 台湾ご当地のフシギな飲物は、アスパラガスジュース以外にも色々あった。
やたらスモーキーなテイストの梅ジュースとか、砂糖入り緑茶とか(これは香港にもあった)、うすら甘いだけの冬瓜ジュースとか、さとうきびジュースとか、日本ではあまり受け入れられそうもない飲料が広く販売されていた。

 だからといって台湾の人々の嗜好が日本とはかけ離れているのか?というと、決してそうではないと思う。なぜなら、巷には、日本製品あるいは日本製品を模した食料品が台湾オリジナルを凌駕する勢いであふれかえっていたからだ。
 今回は、まる三年ぶりの台湾旅行だったが、以前訪れた時よりもいっそう「日本」だらけになっていてびっくりした。もはや平仮名の「の」だけではない。テレビをつければしゃぶしゃぶ、とんかつ、すき焼き、寿司など日本食のグルメ番組、コンビニに行けば輸入された日本の菓子の数々、スーパーマーケットでは「日本」を標榜する食料品。もっとも、その中の相当数が「なんちゃって日本食品」で、台湾製と明記されているのに商品名は「北海道○○」とか「大阪○○」だったりするのだが。

a0021929_2493661.jpgこんなチェーン店もあった。「佐野ラーメン」って、ずいぶんマニアックな……

 商品名だけではない。「台湾原産」と銘打ってあるものにもかかわらず、パッケージデザインに日本語を使っている食品がやたらと目についた。
 
a0021929_250337.jpg 「こんにゃく玄米ロールー」。詰めの甘さが冴え渡るネーミング。最後の「ー」さえなきゃ完璧なんだが。「天然こくもの添加」って、「穀物」を素直に「こくもの」と読んじゃったんだろうなあ。それにしても、商品名の大半が平仮名とカタカナでは、これを読めない台湾の人がいっぱいいるんじゃなかろうか。いいのか?これは「うまい棒」に似た日本風の菓子で(ちなみに、「うまい棒」正規品も台湾で普通に販売されている)、味はまずまず。のり味やチョコレート味など数種類のフレーバーがあった。こんにゃく粉が入っているようだが、こんにゃくの気配はまったく感じられなかった。

a0021929_2512064.jpg 外国語(台湾人にとって)でこんなこと書かれても、コンシューマールームにお送りできる人はほとんどいないと思うぞ。

 台湾の人々にとって日本の菓子は、おいしいとか安全だとかいうイメージがあるのだという(中国や韓国でも同じだろう。多分他のアジアの国々でも同様か)。単なるイメージ戦略ならば、その日本語が正しいかとか、消費者に文の内容を理解してもらえるかどうかということは、さしたる問題ではない。日本だってパッケージにアヤシゲな欧文を使ってオシャレなイメージを持たせている製品がたくさんあるけれど、多分それと同じ感覚なのかもしれぬ。
 さらにこの菓子、製造メーカーが「北田食品」という会社。いかにも日本にありそうな社名だが、「北田」の読みは「きただ」ではなく中国語読みの「pei tien」。れっきとした台湾の会社らしい。
 ちなみに台湾には、「松青」というちょっとハイソなスーパーマーケットがあり、なんとこれが「song qing」と読むのではなく、「matsusei」という日本語読みの店名なのだ。徹底しているというかなんというか。
 このような背景には、おそらく中国産食品への不信がかなり影響しているものと思われる。偽装や不正はともかく、日本製品を高く評価してくださること自体はありがたいんだが、あまりの「日本もの」礼賛ぶりに、「これでいいのか台湾?」とつい疑問を呈したくなるような今回の台湾旅行だった。

 現在、台湾では空前の納豆ブームが続いているらしい。食料品店での品揃えがすごい。うちの地元スーパーよりも種類が多かった!
a0021929_2515214.jpg たいへん庶民的な食堂でもこのような張り紙。日本人でも苦手な人がたくさんいる納豆までもが……

[PR]
by terrarossa | 2009-02-15 03:06 | 見聞録
2009年 02月 09日
アスパラガスをめぐる旅・台湾編
 頸椎症治療のため通院は続けているものの、症状は一進一退。PCを操作するとてきめんに症状が悪化するので、仕事以外でのPC使用は引き続き自粛していくしかない。手首に力が入らず、鍋やフライパンが持ちあげられなくなったのには困った。右手の筋力はこうやってどんどん衰えていっちゃうんだろうか?

 昨年暮れに久しぶりに台湾へ行ってきた。頸椎症で手はしびれているんだがキャンセルするのがもったいないと強行。旅行中、PCを使う機会がなかったせいか症状は安定していて、割と快適に過ごすことができた。

 台湾では青果物としてのアスパラガスはほとんど出回っていない。にもかかわらず、「アスパラガスジュース」なる清涼飲料水が存在する。
 で、4泊5日の日程のほとんどを朝から晩までへとへとになるまで歩き回り、その過程で目にしたコンビニやスーパー、駅の売店などに片っ端から立ち寄ってみた。その結果、アスパラガスジュースは、飲料を販売する店舗ではほぼ100%扱っていた。台湾で生産していないものを原材料に使ってまでわざわざ製造販売しているということは、それだけ需要があるってことなんだろう。
 
 台湾で確認した数種類のアスパラガスジュースは、果汁20%または10%。味にアスパラガスをうかがわせる気配は微塵もなく、化粧水のごとき人工的な香りに満ちあふれた、ひたすら甘ったるいだけの飲物であった。もっとも、パッケージを見る限り、健康への効能が大々的にうたわれているあたりからして、アスパラガスジュースは味が売りの飲料ではないようだ。清涼飲料水向きではないアスパラガスの独特な風味をカモフラージュするために、果汁含量を少なくして糖分たっぷり香料ぷんぷんにした結果がこれだってか。かえって健康に悪いような感じがするんだが気のせいだろうか。個人的感想としては、飲めないほどマズイという訳ではないが、積極的に飲みたいという意欲をかき立てるような味ではなかった。
 とにかく、今回の調査(?)で、この飲料が台湾の人々に広く愛飲されているらしいことはわかった。でもなんでこれが……

a0021929_239863.jpg 購入して持ち帰ったアスパラジュース各種。ということで、帰りの荷物は死ぬほど重かった(毎度毎度これだよ)。味はどれも化粧水に砂糖を混ぜたような感じ。果汁10%(紙パックのもの)の方が幾分飲みやすかったような……

a0021929_2394386.jpg 500mlパック入り(この製品は要冷蔵)。こんな感じで、どの店にも並んでいた。

a0021929_240989.jpg台北駅の売店で、ペットボトルのお茶類とともに堂々のエントリー(ペットボトルのお茶は大変種類が多かった。そして、特にウーロン茶の類はどれも美味しかった)。

[PR]
by terrarossa | 2009-02-09 02:43 | アスパラガスをめぐる旅