<   2005年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2005年 12月 23日
第二の人生
 ロシア極東地域で日本の中古車が大人気だという話は有名だ。実際サハリンでもハバロフスクでも日本語のロゴマークそのままのトラックなどを普通に見かけることができた。ユジノサハリンスクでは、右側通行なのに、道を走る乗用車の八割は右ハンドル車、つまり日本車だった。
 ただし最近、ロシア政府が日本からの輸入中古車に対して、関税を大幅に引き上げることを決定したため、かつて見たような光景も、やがて変わっていくのかもしれない。

a0021929_5205739.jpg2000年、ユジノサハリンスクにて。ロゴマークそのまんまで、こんなところで活躍しているなどということを、かつての持ち主は知ってるのだろうか?









  そんなサハリンでは、車の盗難が非常に多いそうだ。なるほど車庫は、ちょっとやそっとでは開けられそうもない重量感溢れる南京錠と鎖で、ぐるぐる巻きに鍵を掛けられていた。それでも盗まれるケースが後を絶たないという。とはいっても小さな島だから、そのまま売りさばこうとすれば、すぐに足がついてしまう。ではどうするかというと、すぐにばらばらに分解してしまうそうだ。部品にすれば大丈夫ということらしい。

 サハリンでは、ポロナイスクという地方の町まで足を伸ばした。ユジノサハリンスクから鉄道で八時間、北緯五十度線の手前だ。ポロナイスクは、第二次大戦前に祖父母が住んでいた町だった。だが、かつて敷香(しすか)と呼ばれていた頃の町は戦争によって破壊されてしまったと祖母は言っていた。そしてその通り、歩いても歩いても旧ソ連時代に建てられたとおぼしき、ぼろぼろの四角い灰色のアパートが続くばかりだった。唯一、旧王子製紙の工場だけが、昔日の町を思わせる雰囲気を漂わせていたのが印象的だった。

 ポロナイスク駅のそばにささやかな市場があった。冬にさしかかった頃で、野菜は大した種類もない。少々の缶詰類と乾物、冬向けの衣料品がさらっと並んでいるだけ。まあ普通の品揃えだよなと思いつつ、ふと片隅のほうを見やる。しょうゆで煮しめたような色の汚れたコートを着た数人のオヤジたちが何かを売っている。粗末なむしろの上には、スパークプラグにバッテリー、ファンベルト、バンパー、ヘッドライト……もしかして、などという余地を挟むまでもなく、それらはランダムに並べられた自動車部品の数々だった。
 もちろんそれらは「まっとうな」自動車部品に違いない。部品のみなさまにしてみれば、たまたま立ち寄った外国人旅行者に盗品の濡れ衣を着せられるのは全くもって心外、だろう。売り場スペースを見た瞬間、とても写真撮影する気にはならなかったほどヤバげな雰囲気を感じたが、これは単に事前の話から妄想がふくらんでしまった結果だろう、と思いたい。
a0021929_5215436.jpg
線路脇を歩いて、ポロナイスク駅に向かう。列車の本数が少ないからこういうことができる。
[PR]
by terrarossa | 2005-12-23 05:39 | 見聞録 | Comments(2)
2005年 12月 23日
誰もが写真を撮る時代
 親の影響もあり、小学校高学年になる頃から写真を撮るようになった。以来、特にテクニックに凝ることもはまりすぎることもなく、気が向いたときだけ淡々とシロート写真を撮り続けている。ほんとうは人物を撮りたくて、職場の人などを盛んに撮影していたときもあったが、転勤して環境が変わると、なかなかそうもいかなくなった。今は、もともと好きだった植物や虫などを撮ることが多くなった。
 はじめての一眼レフカメラは、オリンパスのOM-2という機種で、これは15年ほど使っていた。ところが、長年使っている内にフィルム巻き部分の溝が摩耗して空回りするようになり、もう部品もないということで、新しいカメラに替えざるをえなくなった。ペンタックスMZ-5が、現在使用している一眼レフカメラである。
 「現在使用している」と書いたが、実はこのカメラはここ一年あまり、ほとんど使っていない。なぜかというと、デジタルカメラを買ったからだ。昨年ロシア・中国へ行くに当たって、かさばって目立つ一眼レフカメラを持ち歩くのは何かと支障をきたすかもしれないと思い、小さいカメラを買った。今ならやはりデジカメ、ということで、オリンパスのμ-30という機種を購入した。一眼レフでもない「普通の」カメラである。
 使ってみて、科学技術の進歩はすごいなあと実感。重くて大きいボディーに、これまた重くて長いマクロや望遠レンズをつけて、ピントと絞りを調整して……というようなことをしなくても、手のひらサイズの小さなデジカメでそれなりに撮れてしまうのだ。
 このブログにいままで載せた写真は、2割がアナログ(プリント写真をスキャナで読み込んだ)、8割がデジタル。小さなデジカメは、どこへでも持って行けて、いつでも気軽に撮影できるのがいい。もっとも、いまは携帯電話にもカメラ付きはあたりまえだし、その性能もすばらしいものとなっているから、誰でも写真を撮るようになり、また、誰でも「うまい写真」を撮影できる時代になったということか。
 ペンタックスMZ-5は、カメラケースにおさまったままホコリをかぶっている。気の毒なので、時々は引っ張り出して使ってやりたい気もするが、残念ながらその機会はなかなか巡ってこない。

ブログの「展示場」に載せた写真もたまってきた。久々に蔵出ししてみることにする(自己満足の世界だよな)。
a0021929_3242424.jpg
a0021929_3245744.jpga0021929_325245.jpg







カエルは好きなモチーフ。左2枚はアナログ、右1枚はデジタル。


a0021929_3294393.jpga0021929_3303296.jpg










赤いもの2枚。左は中玉トマト「こくみ」、右はイチゴ「とちおとめ」。いずれもデジタル。
[PR]
by terrarossa | 2005-12-23 03:35 | 見聞録 | Comments(0)
2005年 12月 21日
売れ筋の色
a0021929_1133399.jpg←ベトナムの市場にて。目にも鮮やかなバケツ、たらい、ザルの数々である。この地において、水まわりプラスチック製品は原色がスタンダードのようだ。市場では、洪水の如くあふれかえる様々な商品に埋もれまいと、たらいまでもが激しく自己主張している。熱帯らしく華やかな色が身上、目立ったもん勝ちとは、ある意味わかりやすい。この傾向は、熱帯に属するベトナムばかりでなく、中国や台湾、韓国なども同じだったように思う。ど派手なピンクのたらいや、真っ赤なバケツは、アジアのお約束よろしく、旅先ではおなじみのものだ。
 対して日本で売られている浴用、台所用のプラスチック製品というと、そのほとんどが、パステルブルー・パステルピンク・アイボリーなどの淡ーい色である。製品を作る側は、おそらく「さわやかさ」とか「やさしさ」というようなイメージをねらってそういう色にしているのだろうし、買う方だって無意識に、水が自然な水の色らしくみえるものを求めている。製品の用途がもつあいまいなイメージをふくらまし、それを重視して商品開発をする、というのは、もしかしたらものすごく日本的な発想なのかもしれない。用途に関係なく、製品そのものが自己主張するベトナムや中国の状況とは対照的だ。
 もっとも、もともと日本人は中間色を好む人が多い。そういえば以前、韓国の土産屋で「日本のお客様にはこのあたりのデザインが人気です」とすすめられたランチョンマットの色は、ぱっきりはっきり原色を組み合わせる韓国的配色とは対照的な、うすぼんやりした色合いのものばかりだった。

そんな韓国といえばこれ↓
a0021929_117279.jpg ゴム製水まくらの色のような茶色のバケツやたらいは、韓国ではいたって普通だが、日本では見かけたことがない。それにしても、なぜ青や緑じゃなくてこの色なのか?と、ナチュラルに疑問を抱く自分はやはり日本人だな……
[PR]
by terrarossa | 2005-12-21 01:26 | 見聞録 | Comments(2)