<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2005年 01月 24日
2004年に見た映画
 1月ももうすぐ終わるというこの時期になって、やっと2004年に見た映画を振り返ってみることにした。
 昨年は長・短編あわせて約100本の映画をスクリーンで見た。うち70本は映画祭等のイベントで見たもので、一日3本、4本の「ハシゴ」をすることもしばしば。土日の遠出でまとめて見ざるを得ない状況だったので、これは仕方ない。

 見た映画の内、4割が韓国映画だった。
 公開数が多かったこともあるが、面白そうと感じるからつい見に行ってしまう。結果的に「当たり」も多かった。勢いがある証拠だろう。そのあおりを食ってか、中国語圏の作品の公開数が少なくなってしまったのが残念だ。もっと見たいのに……
 
 スクリーンで初見の作品から、印象に残った映画10本を選んでみた。

◆ロードムービー(韓国)
 このブログでも書いたように、まさかスクリーンで見ることができる日が来るとは思ってもいなかったので、感激もひとしおだった。エンディングの音楽とラストシーン、エンドロールが恐いほどぴったり合って鳥肌もの。DVDで何度も見たはずなのに、またしても魂を抜かれた。会場内のあちこちから聞こえるすすり泣きで我に返る。

◆ビーイング・ノーマル(韓国)
 「韓国インディペンデント映画2004」で上映。男女両方の性を持つ友人との関係を赤裸々に描いたドキュメンタリー。衝撃のあまり、見た後はしばらく声も出なかった。両性具有者の「J」と大学で出会った監督は、「J」と共に過ごし、見つめ、話し合い、そのアイデンティティーを「わかろう」としてもがく。カメラの前でぶつかり合い、傷つけ合う二人。彼女は、破綻しかかった「J」との関係をもてあました挙げ句、撮影途中で一時「逃亡」してしまう己の弱さまでさらけ出している。ジェンダーとは何だろう。「ノーマル」とは、一体なんなんだろう。

◆エレファント(アメリカ)
 感想は以前書いたとおり。ほとんど予備知識もない状態で見て「はまった」作品。繰り返されるたどだどしい「エリーゼのために」が耳について離れない。

◆オアシス(韓国)
 噂には聞いていたが、噂通りだった1本。あまたの映画評、感想等で語り尽くされているとおりで言うこと無し(←めんどくさがるなよ)。

◆鉄西区(中国)
 かつて栄華を誇った瀋陽の重工業地帯と、そこに生きる人々を撮った9時間あまりの超大作ドキュメンタリー。腰や尻が痛むのも忘れ、身も心も「鉄西区」にもっていかれてしまった。中国はどこもかしこもスクラップ&ビルドなのか。過去を振り返る余裕なく、追いつけない者をかえりみることなく、ただ前へ前へ進んでゆくのみ。

◆スクール・オブ・ロック(アメリカ)
 理屈抜きで楽しめた1本。「ブラス!」や「花咲く春が来れば」のような楽団もの(ちょっと違うか?)の映画だが、バンドを指揮するリーダーが「いい人」じゃないところが良かった。終わり良ければ全て良し。ジャック・ブラック最高!

◆悪い男(韓国)
 なんだか巷では賛否両論のようだ。キム・ギドク作品はこれが初めてだったが、セックスに対する非常に強い執着を感じた。この手の作品はあまり好みではないのだが、なぜかこれはずどんときた。一種のファンタジーと受け取ったがどうか。主人公を演じるチョン・ジェヒョンの存在感が凄い。

◆パイラン(韓国)
 新作ではないが、「第14回にいがた国際映画祭」で初めて見た。そして映画祭から帰った後、DVDを即、注文。
まさにチェ・ミンシクの、チェ・ミンシクによる、チェ・ミンシクのための映画。彼がひとりむせび泣くシーンは、後世に残る名場面だろう。清らかなセシリア・チャンも良かったが、チェ・ミンシクの相棒を演じたコン・ヒョンジンがとても印象的だった。この人は実に色々な作品に出ているので、その活躍を見るのが楽しみな一人だ。

◆ジョヴァンニ(イタリア)
 「黒隊のジョヴァンニ」こと、ジョヴァンニ・ディ・メディチを描いた作品。ジョヴァンニはフィレンツェの名門、メディチ家の出身で、母親は「女傑」と呼ばれたカテリーナ・スフォルツァ。高校の頃、中世~ルネンサンス期のヨーロッパが好きで、関連資料や本を読みあさっていた時期があったので、なつかしい思いで見た。この映画については、後で書いてみたいと思う。

◆父、帰る(ロシア)
 ロシアに惹かれ、都合3回も訪れているのだが、そういえばロシア映画をちゃんと見たことはなかった。「父、帰る」は、様々な暗喩に満ちた映画だった。どこまで理解できたのかは極めてあやしいところだが、かつて実際に足を運んだ甲斐あってか、ロシア独特の「空気感」のようなものだけは、リアルに受けとめることができた。またロシアへ行きたくなってしまった。物語の舞台になったのはサンクト・ペテルブルグの北にあるラドガ湖だそうだが、そこまで車で何日もかけて行く彼らの家は一体何処なんだろう?地図を広げてあれこれ考えてしまう。架空の町かもしれないのに。

 こうしてみると、どーんと腹にたまりそうなシリアス作品ばかりだなあ(スクール・オブ・ロックは別として)。そして韓国映画強し。2005年はどうなるのか?
[PR]
by terrarossa | 2005-01-24 06:50 | 映画
2005年 01月 14日
ロードムービー(2002、韓国)
a0021929_761687.jpg 中国語圏の映画を沢山見るようになっても、距離的には近くであるはずの韓国映画にはしばらく興味がなかった。ハングル文字が全く読めない。日本においては、なぜかカタカナで表記される監督や俳優の人名がなかなか覚えられない(漢字表記もあるはずなのだが)。たったこれだけの理由で、韓国映画はなんだか遠い存在だったのだ(今も名前を覚えるのは苦手だ)。
 そうこうする内、2001年あたりから、いわゆる「韓流」のほのかな兆しはひたひたとやってきて、特に意識せずとも韓国の情報が入ってくるようになる。「ロードムービー」は、韓国では特にタブーとされている「同性愛」という題材を扱っているということで、製作段階から話題になっていた。丁度、同性愛を描いた中国(香港)の映画「藍宇」にいたく引きずり込まれていた時期と重なっていたため、「じゃあ韓国ではどうなのよ」という好奇心も手伝って、気がついてみたら、連日韓国webサイト漬けになっていた。かくして、自分の中で何となく敬遠していた「韓国映画への道」は、さしずめ「けもの道」と言っていいようなこの映画からスタートしたのだった。多分。

 物語は、暗い室内で行われる男同士の激しいファックシーンから始まる。
 同性愛者である自分を否定できず、家族も登山家としての地位も捨て、ホームレスとなったデシク。彼は行きずりの男を抱く。だが、どんなに激しく交わっても、相手を変えてみても決して満たされない、ただ排泄するためのセックスがあるだけだ。生きる意味もなく、行くあてもない。ある日彼は、ソウル駅で泥酔していた証券ブローカーのソクォンと出会う。ソクォンは株の暴落で何もかも失い、傷付き、自暴自棄になっていた。何度も自殺を図るソクォン。デシクは、そんなソクォンを連れてソウルを離れ、あてのない旅に出ることにした。
 旅の途中、ふたりは、コーヒーの配達をしながら、時には自分の体も売る、イルチュという女と出会う。イルチュは、海で溺れかけていた所を救ってくれたデシクを本気で愛するようになる。だが、デシクは彼女の気持ちに応えるつもりはなかった。彼が密かに愛していたのは、ソクォンだったから。そのソクォンは、デシクの秘めた想いをまだ知らない。何かと世話を焼いてくれるこの親切な男が、まさか自分に恋愛感情を抱いているなどとは露ほども思っていない。
 旅を続ける内、デシクが同性愛者であることを知ったソクォンは、彼を卑下し、軽蔑する。だが生活力のないソクォンは、結局はデシクから離れられない。イルチュと訣別したふたりは、激しい葛藤をそれぞれの胸の内に秘めたまま、「旅の終わり」へと向かう……

 あらすじを書きながらげんなりしてしまうくらい、辛くやりきれない話である。しかも冒頭いきなり生々しいファックシーンだからなあ。こりゃ客は入らねえや、と納得(オイオイ)。 
 その上、全編に渡って、ありえねーよ!だの、なんでこうくるかなあ?などなど、突っ込みどころ満載。それがかえって不思議な寓話性を感じさせる効果があるのだ、と言われればそうなのだが。
 妙な迫力をもって、監督を始めスタッフや俳優の並々ならぬ意欲、愚直なまでに真摯に作品に打ち込もうとする姿勢は伝わってくる。ひしひしと。が、特に前半、キャリアの浅い新人監督のこと、一生懸命さが上滑りしてごっちゃごちゃ。あれも入れたい、これもやりたい、と人物もエピソードも詰め込みすぎて、訳がわからなくなっている。
 ところが、後半へいくに従って、どんどん余計なものが削ぎ落とされて、驚くほど洗練されていくのだ。一つ一つのシーンが、ひどく印象的で、そして美しい。たとえ泥の中で溺れているような光景であってもだ。
 極めつけはラストシーンだ。
 映画の「シメ」というものがいかに重要か、あらためて認識することになった。数々の突っ込みやらもどかしさやら苛立ちやらが全て帳消し、何もかも吹っ飛んでしまった。この最後の場面を見るために自分は生きていたのか!

 重く哀しい結末と、あまりにもあかるい空の色との強烈なコントラストが、痛い。
 何かが澱のように自分の中へどんどん溜まっていって、息苦しさにむせかえって、しばらく何も出来なかった。重い余韻を以後も延々とひきずって、社会復帰(?)が大変だった。その後遺症は長いこと続いていて、ふっと気を抜くと、つい「あっち」へ行ってしまいそうになることがある。危ねえ。
 もうすこし時間が経った今は、あれは、彼らなりのハッピーエンドだと思えるようにもなった。うつし世では、ほんの一瞬も交わることがなかったはずの、ふたりが置かれた境遇を考えれば……

 監督はこれがデビュー作のキム・インシク。キャストは、デシク役に舞台俳優のファン・ジョンミンと、ソクォン役にTV俳優のチョン・チャン。いずれもキャスティング時点では、映画でのキャリアはほとんど無い新人だった(実は、主演として当初発表されたのは、ハン・ジェソクとキム・ヨンホという俳優だったのだが、どういう事情か二人とも降りてしまった)。製作はサイダスで、かなり気合いを入れて宣伝していたように思う。
 2002年10月、韓国で公開された「ロードムービー」は、結論から言えば、「惨憺たる興行成績」。ただし、批評家筋の評判は良く、俳優陣の熱演も認められている。デシク役を演じるために、実際に一週間、ソウル駅でホームレスとして過ごしたというファン・ジョンミンは2002年の青龍映画賞の新人男優賞を受賞している。
 ファン・ジョンミン演ずるデシク役が素晴らしいのは言うまでもないことだが(初「ファン・ジョンミン」が、この映画でのマッチョな髭面の元・登山家役だったので、その後知った素の彼とのあまりの落差に、驚愕も十倍増しだった)、キャラクターとしては、孤高の人であるデシクよりも、チョン・チャン演じるソクォンがあまりにもリアルで、こっちのほうにどっぷり感情移入してしまった。
 このソクォンというのが、どうしようもなくずるくて、卑屈で、だらしなくて、煮え切らない「やな奴」。彼を愛していながら、最後まで自分から抱こうとはしなかったデシクに対して「今までの恩を考えたら、十発くらいは必要かあ?」などと言ってしまうような、最低の男である。
 この人物に対して、ただ不快な気持ちになるか、それとも、「ソクォン」は自分の中にも居るのだ、という「事実」を認めるかどうかで作品に対する印象が全く変わってくるのではないか、と思うところである。
 ソクォンを演じたチョン・チャンはどんな気持ちで、この「現実的な人物」と向き合ったのだろう。
 自分とかけ離れた役をそれらしく演ずる困難さよりも、メンタル的にはずっと辛かったんじゃないだろうか?(そのことと関係あるのかどうか不明だが、彼は、この映画の撮影直後、大麻吸引容疑で逮捕されている)。
 
 そんな映画だから、日本での上映は難しいだろうなあと思っていたのだが、2004年3月、シアターイメージフォーラムでの「韓国インディペンデント映画2004」と同年7月の「第13回東京レズビアン&ゲイ映画祭」で上映され、日本語字幕での鑑賞が叶った。ああ「韓流」、ありがたや。
[PR]
by terrarossa | 2005-01-14 07:24 | 映画
2005年 01月 04日
台湾一周
 暮れから年明けにかけて、台湾を時計回りに一周してきた。新年は台湾の最南端、墾丁で迎えた。4日しかない旅行期間の大半は、乗り物の中で過ごすことにあてられた。遠かった。
 家を出る時はガンガン雪が積もっていたこともあって、暖かい南台湾の気候を大いに期待していた。が、折しもかの地は例年にない寒波に見舞われており、年越しカウントダウンは寒風吹きすさぶ中行われたのだった。どんよりと曇った小雨交じりの空の下、初めて見るバシー海峡はなんだか寒々としていた。そこらに生えているのは椰子やソテツやブーゲンビリアなどの、まごうことなき熱帯植物だったのだが。

a0021929_511589.jpg
↑墾丁公園のシンボル、大尖石山(と、クロネコヤマトの宅急便トラック。ドライバーの制服も日本と同じだった)。


a0021929_4495876.jpga0021929_450204.jpg










↑台東海浜公園のベンチ(および東屋の柱)の落書き。「頭文字D」、地方都市・台東でも大ブレイク。市内では、車体にでっかく「藤原とうふ店」と書かれたスポーツカーを目撃(撮影できず残念)。超かっこいいスポーツカーに「とうふ店」って……ファンだというのはわかるが、日本に住む者としては、そんなに入れあげていただいていいんだろうか、という気分にもなる。
 いやいや、なんたって台湾の大スター、周杰倫(ジェイ・チョウ)主演で映画化されるからこそ、そこまでやっちゃうのだろう。燃え上がるファンの暴走は万国共通なのだ。涙ぐましい努力の跡が感じられる(←違うだろ)。
[PR]
by terrarossa | 2005-01-04 05:20 | 見聞録
2005年 01月 01日
年賀状
このような僻地まではるばる訪れて下さった皆様、今年もどうかよろしくお願いします。
a0021929_1525230.gif

ブログの日付は元旦にしてみたが、本当は台湾から帰った後に作成。
旅行前に仕上げるつもりでいた……いや、仕上がればいいなあとぼんやり思っていただけで、案の定このざまである。
[PR]
by terrarossa | 2005-01-01 00:00