カテゴリ:いきもの( 37 )
2008年 10月 23日
作業服上にてハエを食す
 近年、トンボを見かけることが少なくなった。
 ノシメトンボやナツアカネ、アキアカネなどの普通種ですら、なんか最近数が減ったなあと実感するくらいだから、かなりやばいんじゃないかとも思うが……
 それでも現在の活動地域では、窓を開けて会議などをしていると、オニヤンマがゆうゆうと入ってきて会議室を一周して出て行ったりするし(「やーこの暑いのに会議お疲れー」なんていうご挨拶なんかではなくて、「ここはオレのシマなんじゃ、てめーら覚えとけ」とかいって縄張りを激しく主張しているだけである)、秋も深まって気温が下がった頃に日なたに立ってると、動きの鈍くなったトンボが警戒心もなくやたらと寄ってくるようになる。もちろん、「いやーどうもどうも、今日は小春日和で」などといってお近づきになりたいからそうしてるのではなく、「おおお、止まれる場所が!助かったわいゲホゲホ」くらいの切実さがあるからで、気温の低下と老化によって長いこと飛べなくなってしまっただけなのだが。

 ここんところ朝晩急に冷えるようになり、体温低下と共に急にフレンドリーにふるまってくれるようになった老化トンボだが、それでも生きているわけだから、何か食べる必要があるのはもちろんわかっている。わかっているが、こんなところで優雅にお食事されてもなあ。a0021929_0152470.jpg
 でかいイエバエをくわえた状態で着地。そのまま作業服の上でばりぼり食べ始め、食べ散らかした脚の一部を放置したまま離陸。

 長生きしろよー。
[PR]
by terrarossa | 2008-10-23 00:27 | いきもの
2008年 09月 09日
完全武装
a0021929_23145733.jpg
 たぶんキンギンナスビとかそこいらへんの類。ナス科植物は棘有り毒有りの禍々しいやつらが多いのだ。
 見よ、この断じて食われてなるものか!という並々ならぬ心意気にあふれかえったお姿を。
a0021929_23151961.jpg
 まさに全身完全武装。葉脈の隅々までぬかりなく兵力配備されております。
[PR]
by terrarossa | 2008-09-09 23:18 | いきもの
2008年 08月 23日
蛾にあらず
a0021929_2575882.jpg

ベッコウハゴロモ。
一見、ガかな?と思いきや、鱗翅目ではなく半翅目の昆虫で、カメムシやセミに近い仲間だとか(よく見ると顔のところが若干セミっぽい)。
 こんなにゴージャスな翅を持っているにもかかわらず、飛行能力はというと、せいぜい飛び跳ねるくらいで大したことなかったりする。「見かけ倒し」とはまさにこういうのを言うんじゃないだろうか。
[PR]
by terrarossa | 2008-08-23 03:03 | いきもの
2008年 05月 21日
春のまぎらわしい方々
a0021929_23505989.jpgまぎらわしい。たぶんトノサマガエルなのでそれなりにでかかったのだが、あやうく踏みそうになった。

a0021929_23525211.jpgもっとまぎらわしい。同系色コーディネートかくあるべし。



a0021929_0213469.jpgシロシタヨトウアヤモクメキリガ幼虫(画像サイズは、なんとなく控えめにしてみた)。よく見るとかなり派手な色合いだと思うが、まぎらわしい。にぎりしめなくてよかったー……

[PR]
by terrarossa | 2008-05-21 00:04 | いきもの
2008年 05月 16日
季節はすすむ

a0021929_2464471.jpg
小麦は出穂。たまたま穂先にしがみついていたカミキリムシは、ハネビロハナカミキリみたいに見えるんだが、さまざまな個体変異のある種が多いというカミキリムシ類の同定は、シロートにはとても無理……
[PR]
by terrarossa | 2008-05-16 02:47 | いきもの
2008年 04月 20日
ようやく満開
一気に春到来。夜の撮影では、コンパクトデジカメの限界をひしひしと感じるばかり。一眼レフデジカメがますますほしくなるのであった。
a0021929_22503821.jpg水に映る桜。

a0021929_22522421.jpg月と桜。

a0021929_22525778.jpg手ぶれ写真も見ようによってはゲージュツ的?

[PR]
by terrarossa | 2008-04-20 23:02 | いきもの
2007年 07月 05日
道をお空けくださいませ
 山あいの農道、突然前を走っていた車が停車した。交差点も信号もないし、何かにぶつかったような気配もない。やがて車から女性が降りてきて、後ずさりを始めた。すわ何事か。こちらも車を降りて、様子をうかがう。すると、道の中央になにやら細長いものがでろんと横たわっているのが見えた。
 なんと、でかいアオダイショウが道をふさいでいたのだった。こりゃヘビ嫌いにはたまらんわ。
 その場に立ちすくんでいたところで何も解決しないので、おそるおそる「あのう道をお空けいただけないでしょうか」と近寄ると、まったり気分を邪魔されてご機嫌斜めのヘビ君は、後退しながらもカメラ目線で「しゃー」と威嚇。
a0021929_22105948.jpg

 しかし結局は、「ちっ仕方ねえな」とばかり、渋々道の外の草むらへ移動してくださったのである。これにて一件落着。
a0021929_22112753.jpg

 こんな至近距離でお目にかかる機会も滅多にないので、うれしくてつい激写(←死語?)。アオダイショウは日本産のヘビの中では最も大きくなる種なのだとか。さすがの迫力でありました。
[PR]
by terrarossa | 2007-07-05 22:21 | いきもの
2007年 06月 18日
ポップな配色
うおお、また二か月もあいてしまった!

a0021929_1344849.jpg ヤナギ、クルミ、タデなど、摂食範囲が広いので、いるところにはいる、つぶらなひとみの「オオアオゾウムシ」。蛍光イエローの体に明るいメタリックグリーンの脚。体長は15mm弱ながら、この配色のせいでかなり遠くからでも目立つ。体の地色は脚と同じ色で、蛍光イエローなのは鱗粉。あちこち動いているうちに落ちてしまうというから、この個体は羽化したてなのかもしれない。初めて見たときは、誰かが蛍光インクで色をつけた虫なのかと思った。この写真ではいまいちわかりにくいかもしれないが、ほんとにチカチカ天然蛍光色の虫なのだ。

[PR]
by terrarossa | 2007-06-18 01:41 | いきもの
2007年 04月 21日
春到来追加
晴天、気温上昇でこれぞ春、というような朝だったので、あらためて桜を撮ってみた。
a0021929_1593933.jpg

a0021929_1595355.jpg


すっかりここも写真ブログか?
[PR]
by terrarossa | 2007-04-21 02:04 | いきもの
2007年 04月 19日
春到来
 なんだかばたばたしているうちに春がやってきた……ようだ。

a0021929_237228.jpg春というには少々寒すぎる中でも、桜はモコモコと咲いていくのだった。

a0021929_23105918.jpg夜の桜はびみょうにあやしげ。

a0021929_2313647.jpgナズナの花。ペンペン草もこうして見るとなかなか上品な咲きっぷり。

[PR]
by terrarossa | 2007-04-19 23:21 | いきもの