2009年 11月 26日
2009年もドイツのサッカーを見に行く・その7
◆ヴェルダー・ブレーメンの練習も偶然見学できた
 今回の旅行では、ニーンブルクという町にあるアスパラガス博物館を訪れるという目的もあり、北部方面にも日帰り遠征した。ついでに、ニーンブルクからREで50分ほどのところにあるブレーメンにも足を伸ばしてみた。この町には、ヴェルダー・ブレーメンの本拠地であるウェーザー・シュタディオンがある。
 で、せっかくだからスタジアムを見て、ファンショップに寄ってみようということで行ってみたら、なんと、ちょうど練習が始まるところだった!翌日が試合で、この日の練習は夕方の遅い時刻開始だったのだ。ブレーメン滞在がわずか3時間あまりだったことを考えると、これは非常にラッキーなことだった。
 選手はスタジアム内の建物から出てきて徒歩で練習場へ向かう。道がすら、ファンと選手を隔てる柵などはなく、かなりゆるい状態。ファンもマナーをわきまえているので混乱はない。

a0021929_1542124.jpg練習場へと歩いて移動する途中の選手たち。ファンも一緒に歩いている。子供のサイン要求に応じているのはメルテザッカー選手。
a0021929_154476.jpgギャラリー多数。遠巻きに練習の様子をうかがってみる。フィールドの半分を使って、パスの交換など、軽めの練習をしている。

で、使ってない半分の方を見たら……a0021929_1552224.jpg
 カモメ遊び放題。
 ここ、ウェーザー川沿いだからなあ。


a0021929_156136.jpgブレーメンは戦災に遭わなかったため、歴史的な街並みがそのまま残っていて見応え充分。今度はゆっくり訪れてみたいと思った。
a0021929_1562417.jpgウェルダー・ブレーメン仕様の路面電車。町をあげて応援しているんだぜ、という雰囲気が伝わってくる。
a0021929_1564025.jpg有名な、ブレーメンの音楽隊像。ロバの足に触ると縁起がいいということで、ロバの足だけぴっかぴか。
a0021929_1565712.jpg「ヴェルダー・ブレーメン」の音楽隊も発見。だが動物にこの色遣いは不気味だ。ミドリイロって。

[PR]
by terrarossa | 2009-11-26 02:00 | サッカー | Comments(0)


<< アスパラガスをめぐる旅・ドイツ北部編      2009年もドイツのサッカーを... >>