2009年 10月 24日
2009年もドイツのサッカーを見に行く・その3
◆9月23日(水)DFBポカール2回戦 1.FCケルン対ウォルフスブルク
 ミュンヘンで試合観戦した翌日ケルンへ戻り、その夜に行われたケルン対ウォルフスブルク戦を観戦。ケルンのファンは熱かった。乗車したトラム車内は赤白のユニフォームやマフラーを身につけたケルンサポで埋め尽くされ、ビール瓶のみ手にした輩が天井をバンバン叩きまくり、床をダンダン踏みならしながら大声でチャントをコール。レッツハイテンション。いいあんばいにできあがっております。
 面白かったのは、混み合っているとはいえ、ヨッパライどもが天井や床を叩く程度には隙間があるのに、途中駅でトラムを待っていた人(やはりケルンサポ)たちが無理に乗ってこようとしなかったこと。日本の首都圏のラッシュアワーだと、駅係員が助走をつけて突進しながら乗客を押し込むレベルの乗車率になって初めて、よっしゃ入った詰まったぞと実感するのだが、そんなのはワールドスタンダードな感覚ではないってことなのだな。
 彼らが手にするビール瓶は当然スタジアム内持ち込み禁止。てことで、駅へ降り立つとともに、瓶の中身を空にする行動が取られるのだった。あっちでもこっちでもラッパ飲みの一気飲みである。入場前にほどよくできあがってから、さらに場内にて、デポジット1ユーロのプラスチックジョッキでガバガバいくのである。なんだかすごくドイツだ。
 駅には瓶回収等で生計を立てているとおぼしきおっさんたちが待ちかまえていて、空になった瓶はそこらへんにうち捨てられることもなく、きっちり回収される。回収側としては、これほど効率よく無駄のないロケーションはほかにないだろう。うまいとこに目えつけたよな。

a0021929_624319.jpg ラインエネルギーシュタディオン(RheinEnergieStadion)。収容人数は50,374人(立見ありの場合)。

 対戦相手が昨シーズン王者のウォルフスブルクとはいえ、平日夜開催のカップ戦のためか、会場は6~7割の入り。それでもゴール裏はただならぬ熱気に満ちあふれ、難聴になりそうなほどの大歓声が最初から最後までスタジアム中に鳴り響いていた。

a0021929_633215.jpgゴール裏の混沌。
 この時点でのケルンはリーグ下位に沈み、今にもドボンかという非常に危うい順位だったが、直近の試合で今シーズン初の勝利を手にしてイケイケムード。対してウォルフスブルクのほうはなんとなくぴりっとしない感じだった。ということで、試合は点を入れてまた入れられてという泥臭い競り合いで、非常に面白い展開になった。もっとも、どちらかのチームのファンだったら、たいへん心臓に悪いゲームだったかもしれない。結局、ホームのケルンがねばって3-2で競り勝ち、接戦をものにした結果に、スタジアム中が熱狂。いい試合を見せていただいた。

 ところでこの試合では、長谷部が先発出場した。ドイツに渡ってからだいぶごつくなったようだが、もっとごつい人たちばかりの中では、それでも小柄で華奢に見えた。が、素人目にもたいへんよく働いている印象で、よく動きよく削り、よくボールを奪っていた。そんなだから相手にとってはよっぽど嫌な存在だったとみえて、彼がボールを持つと、スタンド中から物凄いブーイング。後半途中で交代するときもブーイング。それだけ敵にとっては脅威だと認められてるってことだから、これは喜ばしいことなんだろう。

a0021929_641049.jpg
左から6番目にいるのが長谷部。
[PR]
by terrarossa | 2009-10-24 06:17 | サッカー | Comments(0)


<< Requiescat in Pace      2009年もドイツのサッカーを... >>