2009年 05月 16日
クアラルンプール市場探訪記
 クアラルンプールで最もディープな市場といえば、市の北側にあるチョウ・キット市場、だそうな。ということでじっくり眺めてまいりました食料品の数々を。

a0021929_1391886.jpg 足を踏み入れた途端、マンゴーのワゴン移動。季節は今、マンゴーなのだった。いきなりカオス状態に突入。

a0021929_1593674.jpg さすが多民族国家マレーシア。それぞれの食習慣に合わせてか、実に種類が多い。
 生鮮食料品の多くは低い天井の薄暗い屋根の下で売られており、地面にはところどころ水たまり、そのうえ人でごったがえしているので、とてもじゃないがゆっくり撮影できるような雰囲気ではない。当然ストロボもNG。なるべく明るいところをさがしてさくさく撮るしかない……

a0021929_1405489.jpg 鶏まるごと。
a0021929_1412317.jpg サバとかソウダカツオの類か?マレーシアでは魚介類もよく食べられているようで、魚だけじゃなく、タニシの類からエビ、イカまでずらりと売られていた。魚介類じゃないが、当然の如くカエルも……両生類までは魚屋の範疇らしい。

 日本ではなかなかお目にかかることのできない野菜や果物も多数。総じて大柄。熱帯だし、よく育つのだな。

a0021929_1414741.jpg トカドヘチマと長ササゲ。長ササゲは80センチくらいあるので、丸めて折りたたんで売られている。
a0021929_1421254.jpg ネジレフサマメ。これも長さ30センチ以上はあるでかい豆。
a0021929_142347.jpg マンゴー二種。ミドリのもちゃんと熟していて、中はオレンジ色。濃厚に甘い。
a0021929_143249.jpg スターフルーツ。これの生ジュースはまずそうな緑色をしているが、甘酸っぱくさわやかな飲み口で、案外いける。
a0021929_143198.jpg サラック。うすら甘いのに薬臭くてエグ渋い、ビミョーな味だった……

加工食品も色々。

a0021929_1434777.jpg ケーキ屋台。屋根はかかっていても炎天下、なのにゆるぎない表面コーティングとクリーム。傾斜棚に陳列されているというのに溶け出してる気配なし。いったいなにを混入しているのだ。
a0021929_1441629.jpg 魚チップス。町角の屋台で揚げたてを売っている。色は冴えないが、すごくいけてるシーフードスナック。

a0021929_1444242.jpg バーゲンセールに集う人々の気合の入れ具合は、万国共通だと思う。

[PR]
by terrarossa | 2009-05-16 02:19 | 見聞録 | Comments(0)


<< 路地裏は野生の王国      正しい道路の渡り方・マレーシア編 >>