2009年 02月 28日
アラブ・ポップはドドンパドン
a0021929_2451863.jpg 二年前に現在の職場に転勤して以来、通勤時間は往復で二時間弱、業務での運転を含めると、一日の走行距離が200㎞を超える日なんかもしばしば発生するようになった。最初の内は長時間の運転にくたびれ果ててうんざりだったが、さすがに二年も経過すると少し慣れてきて(しかしすっかり腰痛が定着してしまった……)、運転中に音楽を楽しむ余裕も出てきた。ということで今、通勤途上の車内で、「ひとりアラブ音楽まつり」を大々的に開催中である。三年前の「ひとりアラブ映画まつり」に続く、久々の脳内ビッグイベントである。
 アラビアン・ポップスとの邂逅は、さかのぼること二十年の昔、ノイズやフェージングと格闘しつつ受信に成功した、クウェートやヨルダン、アラブ首長国連邦のラジオ番組でだった。「これはいったいなんなんだ!?」というカルチャーショックとともに多くの疑問がわきおこりはしたものの、その世界ははるかに遠く、当時はそれ以上深く突っ込む機会も術もなく、保留状態のまま歳月が流れていたのであった。
 そして現在。いやほんっとーにインターネットってすばらしい。CDを入手し、ネット映像を閲覧し、めくるめくアラブ音楽の世界にどっぷり大ハマリの今日この頃なのである。
 アラブの流行音楽は、全力直球勝負。変化球無し。熱く、そしてギンギンに濃い。サウンドもさることながら、アーティストの外観も同様である。わかりやすい。女性アーティストはセクシーダイナマイトなゴージャス美女、男性アーティストはエネルギッシュでガチムチ体型……なぜかメタボ気味の人が多いような……
 温帯在住で農耕民族の日本人には、アラブ・ポップの暑苦しさとくどさに胸焼けし、いっぱいいっぱいだと思う人のほうが多いかもしれないが、逆に向こうの人が現在流行中のJ-POPを聴いたら、難解なうえに薄すぎて、さぞかし物足りないと感じるんじゃなかろうか。気象条件および住む人の面構えや食生活は、その地で好まれる音楽の傾向と無関係ではないだろう。てか、むしろ強い相関があるに違いない。
 ヒットチャートにのぼるような今どきのアラブ・ポップのサウンドは、欧米圏のそれに近い感じもするが、リズムが決定的に違う。リズムが「ドドンパドン」もしくは「チャカポコチャカポコ」である確率が非常に高いのだ。一聴して「お、洋楽っぽいじゃん」と油断していると、その背後にはチャカポコが潜んでいたりする。さらに、たとえ「ポップミュージック」であったとしても、コブシを利かせるのが定番の唱法のようで、そうなるともうポップスではなく、演歌のように聞こえてくる。日本の演歌を好きになる中東の人はたくさんいる、という話は本当のことだろう。

 以下、著作権の問題というのは常にあるだろうけれど、未知の音楽世界を知るためには必要不可欠な動画投稿サイトより。

 エジプト大衆歌謡のスーパースター、ハキームのナンバーを二曲。常に上げ上げハイテンションで音楽活動に励んでいるとおぼしき彼のミュージックビデオ視聴には、相当の体力と気力が必要……かもしれない。

Hakim: El Salamo Alikum
 パワフルなおっちゃん、ハキームの真骨頂、ドドンパドンなアラブ・ポップ。マサラムービーのごとき、エンタテイメントあふれるビデオクリップがとにかくすんばらしい。

Hakim feat. James Brown: LELA
 なんと、ファンクの帝王、ジェームス・ブラウンとの競演も果たしている。脳天を突き抜けるようなハイトーンボイスがこの人の持ち味ということらしいが、いわゆるクリアな高音ではない。ざらつきながらぐいぐい伸びていくのだ。すっこーんとは抜けずに、一緒に根こそぎ持ってかれる。そこがたまらない魅力。

Ahmed El Sherif: Sahran Maak El Leila
 レバノンのちょっぴりメタボなさわやかアニキ、アーメッド・エル・シェリーフのご機嫌なナンバー。ラテンとアラブ、違うようでいて実は非常に近いのだということを力ずくで納得させられた一曲。でもビデオクリップ中の踊りは、あくまでもベリーダンス風。近年のアラブ音楽は、「こってこて」とは一線を画し、欧米圏のロックやファンク、フラメンコの要素を取り入れることも盛んなようだ。
 で、この人は、多分「アイドル」という位置づけをされている、と思う。
[PR]
by terrarossa | 2009-02-28 03:07 | 音楽


<< ビールの思い出      台湾の食品よいずこへ >>