2008年 10月 30日
曾祖父の足跡をたどる その一
 現地で試合観戦したレバークーゼンが、たいへん調子良い。現在暫定ながら首位。そして直接お会いしたマヌエル・フリードリッヒ選手が、なんと二試合連続ゴールを決め、さらにそれらの試合では、本業であるディフェンスにおいても無失点と、なんだか絶好調の模様。まさに「今後なおいっそうのご活躍」で、うれしくなると同時に、なんかこう、こっちも仕事頑張んなきゃな、というアゲアゲな気持ちになってくる(だからといってすぐに成果が出るような業種じゃないのがつらいところだが……や、地道にやっていこう)。

 今回のドイツ行きの目的は、サッカー観戦以外にもうひとつあった。実は「明治中期にドイツへ留学していた曾祖父の足跡をたどる」というミッションが科せられて(?)いたのだ。
 曾祖父は明治終期に若くして亡くなり、その末子である祖父も早世したので、どちらも自分は全く知らない。現在存命中の親戚で曾祖父を直接知る人は誰もいないが、現在、叔父が曾祖父(叔父にとっては祖父)について色々と調べているところだ。
 曾祖父はもともと会津藩の出身だという。幼少の頃実父を亡くし、間もなく始まった戊辰戦争によって母と姉と共に斗南に移住、その地で母も喪った。その後、函館に渡って医師の養子となり、自らも医学の道を志すことになった。
 ……というふうに、アウトラインの部分はわかっているのだが、それらひとつひとつについて掘り下げようとすると、途端に謎だらけになってしまう。晩年、曾祖父は函館で開業医をしていたが、その病院は二度の大火に遭っており、そのため当時の個人的な記録などはほとんど残っていない。過去帳もない。
 それでも、当時の新聞記事や文献などを丹念に調べた結果、ほんのわずかながら曾祖父のたどった道が見え始めてきた。叔父の調査はまだ続いており、こちらも調べものは嫌いではないので、時間があるときは図書館に通い、ゆかりの地だと思われる場所を訪れ、ルーツ探しに加わっていたところだった。
 そういうタイミングで、あくまでも「サッカー観戦」のための(ノリと勢いだけの)ドイツ旅行決定。叔父がこの好機を見逃すはずがなかった。即、連絡が入る。「向こうでなんでもいいから見つけてきて」。あのうドイツ語が全くできないばかりか英語もうっすらというワタクシに一体なにを見つけてこいと?

 ……かくして、曾祖父のドイツ留学から120年後、ひとりのぼんくらな子孫が、かの地を訪れる時が来たのだった。

a0021929_23461621.jpg
「かの地」ヴュルツブルク。登っちゃいたくなる気持ちがよくわかる眺めのすばらしさ。
[PR]
by terrarossa | 2008-10-30 00:01 | 見聞録 | Comments(4)
Commented by KOKO at 2008-10-30 10:15 x
はじめまして。会津藩士のご子孫とか。かく云う小生も会津藩士の子孫です。先祖も斗南に移住しました。先祖をお調べとか。ご参考までに下記にご紹介します。

①会津若松市図書館に独礼以上の藩士の方々の家譜が収蔵されています。文久6年に各家が藩に提出したものです。図書館に詳細をお話すれば、コピーを送ってくrます。但し、これは藩の祐筆が写したもので、毛筆で書かれております。

②上記を元に「要略 会津藩諸士系譜上下」芳賀幸雄編著、歴史春秋社、H9年刊、があります。この本は会津藩士の出自から召し抱えられた年月日までわかり、便利で重宝しています。この本を参考に、先祖探しの方々に情報を提供して感謝されています。

③斗南に移住されたのであれば、「斗南藩史」葛西富夫著、斗南会津会、S46年刊、があり、移住した年月日、移住先など名簿が記載されています。

④慶応年間の藩士については「會津藩士人名録」会津郷土資料研究会、勉強堂書店、H4刊、があります。当時の役職、石高が記載されています。

都内在住でしたら、国会図書館、東京都立図書館に上記の本はありますよ。ご先祖調べ、がんばってくださいね。

Commented by eastwind-335 at 2008-10-31 14:27
おおー、terrarossaさんはミッション付きの旅行だったのですね!
続く旅行記、楽しみです!
国費であれば文部省が名簿をとってある場合もあるようです。ネットでも所蔵を検索できますから、ひょっとしたら叔父様がお調べになっていらっしゃるかもしれませんね。
親族の個人史をまとめるために色々と小さなピースを集めている方のお話を伺ったことがあります。ピースとピースをつなげるピースが見つかった時のワクワク感がありますよね!
うーん、ワクワクします!
Commented by terrarossa at 2008-11-02 03:04
KOKOさん、初めまして!
会津藩士に関する参考文献についてたくさんご紹介いただき、ありがとうございます。
これまで会津若松市図書館、福島県立博物館などでいくつかの記録を見つけ、少しずつですが色々わかってきました。東京から離れたところに住んでいるので上京の機会はなかなかありませんが、今度機会があれば国会図書館や東京都立図書館も訪れてみたいと思います。
Commented by terrarossa at 2008-11-02 03:15
東風さんこんばんは。
そうです、はからずもミッション付き旅行になってしまいました。
曾祖父の留学にまつわるあれこれについては、叔父が、当時の新聞記事や、出入国の記録などを調べてだいぶわかってきたところです。で、ドイツでだめ押ししてこいと。行く前はどうなるかと思いましたが、「ミステリーツアー」での謎解きは楽しかったです。東風さんおっしゃるとおり、たいへんワクワクするような結果になりました。続き、ちょっとずつ進めていきますので気長にお待ち下さいね。


<< 曾祖父の足跡をたどる その二       ドイツに泊まる >>