2004年 07月 22日
海外スズメ事情
a0021929_1423639.jpgロンドンへ行って驚いたのが、何よりもまず鳥との距離の近さだった。特にスズメには驚いた。そばに近寄っても逃げないのだ。左の写真はロンドン塔付近で撮ったスズメだが、至近距離でストロボ撮影してるというのに、このアッパレな落ち着きぶりはどうだろう。
 日本のスズメは、農作物の害鳥として駆除の対象になってきた経緯もあって、警戒心が非常に強く、なかなか至近距離での観察はできない。
(余談になるが、日本のスズメはしたたかだ。以前勤務していた所の試験用水田では、出穂した稲を食害されないよう、田んぼに防鳥網を張っていたが、スズメどもはすぐに自分の体より狭い網目へ勢いをつけて入り込むことを覚えた。で、これなら無理だろうと更に目合いを細かくすると、なんと集団で網の上に乗っかって、稲穂に届くよう、自分たちの重みで網を下に沈めるということをマスターしたのだ。恐るべき「学習スズメ」である。)
 ロンドンには田んぼもないし、従って人間がスズメを排除する理由も捕獲する理由もないだろうから、スズメの警戒心も薄いのだろう。いや、スズメばかりではない。他の野鳥や動物についても、物理的に近く感じるのだから、かの国でいかに彼らが大事に扱われているのかが非常によくわかる(スズメに関しては、もしかしたら都市圏に限ってかもしれないが)。こればっかりはごまかしがきかないだろうし。

では、ロンドン以外ではどうなのだろう?
a0021929_1442851.jpg

 台北・二二八公園にて、水たまりでぴゃあぴゃあはしゃいでいたスズメの集団(の一部)。きちんと水浴びの順番待ちをしていたのが面白かった。ここでも、ものすごく近寄ってストロボ撮影したのだが、逃げる様子はなかった。
 ここのスズメは来園者によって餌付けされていたので、同じ台湾でも農村地区など他の場所とは若干事情は違うのかもしれない。


a0021929_1453128.jpg

北京・天安門広場の向かって右側にある、労働人民文化宮にいたスズメ。ここのは、「間合いが近い」というより、ウエイトが重すぎて反応が鈍い、と言った方が正しいのかもしれない。寒くて膨らんでいるのではない。その足取りたるや「どすどすどす」という表現がよく似合う、ラブリーな太っちょスズメたちなのであった。冬季、寒さが厳しい北京では、脂っこい食べ物が多いので、そのおこぼれにあずかっている関係上、こいつらもきっと脂っこいものばっかり食っているのだろうと推察。

どこへ行ってもスズメはヒトの近くで生息しているけれど、ところ変われば、いろんな違いがあるのだなあ。
[PR]
by terrarossa | 2004-07-22 02:08 | いきもの | Comments(2)
Commented by ゴムあたま at 2004-07-27 12:23 x
北京の「ブン」としたスズメ、コレステロールは大丈夫かしら?
Commented by terrarossa at 2004-07-28 00:23
寒い北京の冬を乗り切るにはスズメだってこのくらいでないと……と思わなくもなかったが(撮影時は11月でした)、明らかに体重オーバー?もしかすると脂肪肝(=フォアグラ)なスズメかも!


<< ユジノサハリンスクからポロナイ...      ユジノサハリンスクからポロナイ... >>