2004年 06月 28日
今さらのハバネロ
せっかくたくさん収穫できたというのに、味見してもらった人全員に「もういらない」と言われ、写真撮影の後、仕方なく処分したハバネロ(2001年撮影)↓
a0021929_32956.jpg
 世界一辛いと言われているメキシコのトウガラシ、その名も「ハバネロ」。ほんとに世界一かどうかについては諸説あるようだが、数あるトウガラシの品種の中でトップクラスの辛味を持っていることについては間違いないと思われる。
 日本では、ごくごく最近「暴君ハバネロ」という名のスナック菓子が話題になったり、イタリアンレストランなどでこの品種を使ったソースが置かれるようになったりして、一気に知名度が上昇したようだ。
 それにしても「ハバネロ」、今頃ブレイクするとは。
 
 「ハバネロ」という品種を知ったのは、今から8年ほど前のこと。大阪のとある種苗会社のカタログに「辛さのあまり失神者続出!」とかいう、とんでもないあおり文句と共に紹介されていたのを見たのが最初だった。ほんとかよ?と半信半疑になりつつも、好奇心から種を購入し、栽培してみた。
 さて、そんな「ハバネロ」の果実ときたら、形はトウガラシというより、小さめのピーマンのような可愛らしいハート型。表面はプラスチックのつくりものを思わせるツヤツヤの美しい光沢を持ち、未熟果は緑色、熟すると明るいオレンジ色になる。しかもほんのり甘い香りすら漂ってくるではないか。
 だが、この一見ラブリーな外見と香りに騙されてはいけない。

 まず、収穫しながら辛さにむせる。この時点で既にただ事じゃない。しかし人に紹介するには、まず自分が口にせねばと、思い切ってかじってみる。んん?なんだこの妙にフルーティーな香りと甘味は?やっぱり日本で作ったのは辛くないのかなあ。ははん、大したことないじゃーん!(←この間3秒)と、気が緩んだ瞬間。

 来た来た来た来たぁぁぁぁ!うおぁおおぉぉおぉっ!

 はっきり言ってこれは凶器以外の何者でもない。反則技だ。試合開始のゴングと同時にパイプ椅子が出てきたようなもんだ。
 「激辛」ではない。「激痛」だ。口の中だけではない。包丁で刻んだら手が痛くてたまらない。こりゃかなわんと石けんで念入りに手を洗った後もまだ続く痛み。指を舐めれば(よせばいいのに)再び舌を襲う猛烈な辛味、いや痛み。そのように凶器と化した手で顔を触ったり、まして目などこすったり、小用を足しに行ったりするのはもっての外である。

 かように劇的でありながら、フルーティーなテイストも備えている魅惑の辛さ(?)が特徴のハバネロ。そのまま料理に入れたり、ソースに加工したりするのが一般的な利用法だ。ところで世の中は韓国ブーム、ハバネロを使った激辛キムチなんてどうだろう、と思ったのだが、この品種は肉厚でオレンジ色をしているため、乾燥品には向かない(乾きにくい上、色が悪い)し、独特の甘ったるい香りもキムチには合わない。ハバネロキムチ、もしあったとしてもあんまり食べたくないなあ(トッポッキあたりだったら使えるかもしれない)。
 野菜一般に言えることだが、メキシコの品種はメキシコ料理に、韓国の品種は韓国料理に、というのが最もふさわしい使い方なのだろう。なぜその国でその品種が栽培されているか、というのには必ず理由があるのだ。

 余談だが、そんな超弩級に辛いトウガラシでさえも、ばりばり食べる奴らがいる。その強者の名は、農業害虫界の王者(の一員)、オオタバコガ幼虫。果実に大穴を空けて、その中でぼってりと丸まっている姿を発見した時、「こいつらの味覚って一体……」と言葉を失うことしばし。さすが王者の名に恥じない食いっぷりであることよ(……などと感心してる場合じゃないんだが)。
[PR]
by terrarossa | 2004-06-28 03:31 | いきもの


<< ユジノサハリンスクからポロナイ...      見る、見る、見る、描く >>