2006年 10月 13日
ピーマン・パラダイス
 9月中旬、ブルガリアの市場は、ナス科の野菜に満ちあふれていた。
長さ20㎝、径10㎝はあろうかという米ナス(下にちょっと見えているジャガイモと比較するとその大きさがわかる)、
a0021929_22171469.jpg


加熱調理用・生食用と各種取りそろえられたトマトと山積みされたジャガイモ、
a0021929_2218731.jpga0021929_22182639.jpg


形・色・大きさも様々なピーマン・トウガラシ類の見事なラインナップ。a0021929_22194053.jpga0021929_22195312.jpg
a0021929_22204093.jpg
a0021929_2221106.jpg

特に目立っていたのが、でかいポリ袋に満杯詰めされた巨大ピーマン。市場のいたるところで売られていた。a0021929_22215862.jpg
a0021929_22222738.jpg

ナス科以外では、ピクルス用品種のキュウリもたくさん見かけた。a0021929_22225086.jpga0021929_22313184.jpg


これらの野菜を、人々はキログラム単位で大量購入してゆく。
冬の寒さが厳しいブルガリアは冬期に野菜が不足するので、今のうちに水煮やピクルス、ピューレなどに加工し、瓶詰めにして保存するそうだ。

ということで、瓶のふただけ売っている店もあり。a0021929_2223143.jpg


ピーマンは、青果をそのまま日々の料理に使う以外に、ペーストや水煮、粉末(いわゆるスパイスとしての「パプリカ」)といった加工品を使用する機会も多いようだ。

ピーマン好きにはたまらない、ピーマン・パラダイスなブルガリア。
(赤ピーマンのペーストを練り込んだチーズというのがあって、これは非常においしかった)
逆にピーマン嫌いの人は、この国で生きていくには、かなりしんどそうだなあ。
[PR]
by terrarossa | 2006-10-13 22:35 | 見聞録 | Comments(5)
Commented by blackroad at 2006-10-17 01:16
こんにちは 海外ブラックロードって知ってます?知らないね..ok!  海外50ヶ国放浪者が15年前のバージンロードをネット公開... それはいいんですが ★世界の事実を知りたい★あなたの得意な国は? 詳細はメールにて 是非 info@blackroad.net 又はサイト問合せ ブログ/URL忘れずに ピン!ときたら^^ ミスマッチならごめんなさい ありがとう。 いきなりで失礼しました とにかくハッピーに 見て損ないよ。
Commented by gix01mg at 2006-10-18 18:43
こんにちは。たくさんのピーマン、おいしそうです。
タイ米が出回っていたとき、ピーマンに米をつめて煮込むというものをよく作りました。たしかトルコの料理だったと思います。
そのあたりはピーマンの好きな地域なんでしょうね。
ピクルスになるキュウリ、はじめて見ました!

旧東ドイツの信号機の人物は、
「アンペルマン」で検索したら、たくさんでてきました。
Commented by mumilan at 2006-10-22 23:17
こんばんは。
ナス科はおいしいものが多いですよね。
ピーマン系の清涼感のある苦味なんかもいいです。
生の青唐辛子にお味噌つけて食べたくなってしまいます。
Commented by terrarossa at 2006-11-07 21:49
gix01mgさん>
どうもこんばんは。ピーマン米詰めのトルコ料理は、たしかドルマとか言いましたっけ?ブルガリアの巨大ピーマンはドルマに最適かもしれませんね。
「アンペルマン」情報、ありがとうございます。ミュンヘンの標識デザインの、帽子の男にちょっと似てる気がしました。
Commented by terrarossa at 2006-11-07 21:54
mumilanさん>
こんばんは。
ピーマンはやっぱりオトナの味なのかも。緑は未熟な状態なので苦みがありますが、赤や黄色になった成熟果は、苦みが無くなって甘くなるので子供にも受け入れられるようです。
新鮮なものは、シンプルな調理法で食べるのがいちばんおいしいですね。


<< 西海岸系?      続・正しい道路の渡り方 >>