2006年 04月 20日
美しき野獣(2006、韓国)
 地元で見る久々の韓国映画は、昨年の「甘い人生」に続き、これまた韓国ノワールのかほり濃厚な「美しき野獣」。スターが出演してる映画でないと、地方までまんべんなく上映してはくれないので、これらのセレクトも致し方ない、というか。
 いや楽しかった。噂に違わず、この破綻っぷりのアッパレなことよ。「野獣」なのはクォン・サンウだけかと思ってたら!
 危険なアクションをすべてスタント無しで大熱演したというクォン・サンウだったが、最終的にいいところをさらっていったのはユ・ジテ。法廷での熱弁はかっこいかったなあ。てか、そこがあんまりよかったので、その後の結末が結末が。詳細は書かないが……かたい信念はどこいったんだ!あんたいいのかそれで?
 クォン・サンウ演じる刑事のほうは、肉親にまつわるあれこれがわりと描かれているので、「野獣」と化す動機はまあ、わからなくもない。それでも、すぐにキレて暴力に訴えるはちゃめちゃっぷりが極端すぎて、考え無しのおばかさんキャラクターに見えてしまうところが気の毒というか、刑事であること自体の説得力を奪っていると思う(「殺人の追憶」にもそういう暴力刑事が出てきたので、ある程度まではほんとなのかも知れないが)。残念。
 それにしても、見てる間じゅうデジャヴに翻弄されまくった。80~90年代に大量に作られた香港黒社会映画のテイストそのまんまだからだ。そう合点すると、この映画のはちゃめちゃさもすんなり受け入れることができる。その途端、ありえねー!とか、なんだよこの結末はー!というツッコミは、ほめ言葉と化すのだ。「荒唐無稽」とか、初めからわかりきったことは言っちゃいけないんだなあ。
 クォン・サンウ刑事は、言うなれば、若き日のアンディ・ラウ得意とするところの、考えるより行動する、が信条の、深く物事を考えるという思考回路がきれいに抜け落ちているキレた過剰熱血キャラクター。どんどん壊れていくさまは、まるで「蒼き獣たち」の末路のようだ。または「男たちの挽歌」におけるチョウ・ユンファの最期とか。韓国映画は確実に香港映画化している。20年遅れで。
 「甘い人生」よりも濃厚に香港映画的雰囲気が漂っているのは、やはりクォン・サンウとユ・ジテが演じる主役ふたりの関係が、ホモソーシャルな固い絆でむすばれているように描かれているからだろう。最後、クォン・サンウと同化したユ・ジテ、という言い方もできそうな結末を見てしまうと、やはりこのふたりはチョウ・ユンファとティ・ロン、またはチョウ・ユンファとダニー・リーが演じていたような、「厚い友情」と言うだけでは足りない、究極の関係性にまで至っているように思えるのだ。

 それにしても原題「野獣」に、あえて「美しき」とつけ加えた邦題の真意は。ここでのクォン・サンウはワイルドなヨゴレ役だし、ユ・ジテの役も「美しき」って感じとは違うし。ボンドガールは出てこないけど、「007」シリーズのノリかなあ(←古すぎ!)。
[PR]
by terrarossa | 2006-04-20 02:26 | 映画


<< シロツメクサ睡眠中      なつかしくない >>