2006年 03月 14日
ジェームズ・ボールドウィン再読
 自分にとってジェームズ・ボールドウィンの小説は、(あえてこっぱずかしい言い方をすれば)青春の書、とでもいうべきものかもしれない。
 現在たいへん話題になっている映画、「ブロークバック・マウンテン」を見、原作小説を読んだとき、ふと思い浮かんだのが、十代の終わりの頃読んだ、「ジョヴァンニの部屋」だった。

 「ジョヴァンニの部屋」は、パリに住む異邦人、アメリカ人デイヴィッドと、イタリア人ジョヴァンニの物語だ。デイヴィッドは、ヘラという恋人がありながら、彼女の旅行中に、イタリア人のウェイター、ジョヴァンニと、はからずも恋に落ちてしまう。デイヴィッドと肉体関係をむすんだジョヴァンニは、いちずに彼を愛していく。が、その一方で、デイヴィッドの方はどうも歯切れが悪い。デイヴィッドには、少年時代にジョーイという男の子と「はずみ」で肉体関係を持ってしまったことがあった。しかし彼は、その衝動、その感情を「あってはならない偶然」とし、心の奥底へ押し込めていたのだった。
 自分が本当に求めているものを強く否定し、それを完全に払拭するために、彼は周囲にいる同性愛者の男たちを軽蔑し、卑下することで、自分のアイデンティティを守ろうとした。自分には女性の恋人がいるし、こんな関係は相手が強引に迫ったからだ……ジョヴァンニに強く惹かれながらも、デイヴィッドは彼への執着を断ち切ろうと躍起になる。
 そんな不安定で矛盾に満ちた関係が未来永劫続くはずもなく、物語は一気に悲劇的な方向へ転落していく。

 つまりは、同性と肉体的行為を伴った恋愛関係にありながら、それを頑として認めようとしない男の、閉塞感に満ちた回想物語なのだ。はじめてこの作品を知った頃の、今よりももっとコドモで単純だった自分は、「ゆるしがたい男だ」と烈火のごとき怒りにかられたものだった。が、これは今のパリとはいろんな意味で状況が異なり、社会的な抑圧が想像もつかないほど大きかったはずの、1950年代の話であったことに気付く。物語の雰囲気がぜんぜん古びた感じではないので、つい現代の話と錯覚していたのだ(今だって本質的なところではなにも変わってないかもしれないが)。
 時代はどうあれ、あまりにもむごいジョヴァンニの人生を考えると、やりきれなさでいっぱいになることに変わりはない。

 「ジョヴァンニの部屋」は、とりわけ文章の美しさが際だつ小説でもある。原作の文体もそうなのだろうけれど、滔々と流れる、詩のように美しい翻訳文には、心から酔いしれてしまった。
 いっぽう、様々な人種の、様々な立場の人間たちが交錯しながら複雑に展開する小説「もう一つの国」は、どうも日本語訳された文の感じがしっくりこなくて、しじゅう違和感をおぼえながら読むはめになった。同じ作家でも、別作品で、しかも翻訳者が異なると、全く違った雰囲気になってしまうのだということを実感した。
 ところが最近、あらためて「もう一つの国」を読み返してみたら、二十代の頃と全く違った印象を受けたので、自分でもちょっと驚いた。年を経て、あの頃わからなかった、というか、わからないこと自体、気付かなかったものが、クリアに見えてきたせいなのかもしれない。少々荒っぽい翻訳も、「ジョヴァンニの部屋」よりもかなり猥雑な世界を描いていることを思えば、これはこれで合っているのかな、と感じたところだ。

 ボールドウィンの著作のうち、「ジョヴァンニの部屋」は「白水Uブックス」シリーズで入手できるが、他の本は、軒並み絶版のようで残念。図書館か古書店で地道に探すしかないようだ。
[PR]
by terrarossa | 2006-03-14 23:20 | | Comments(6)
Commented by びあんこ at 2006-04-10 20:39 x
テラロッサさん、はじめまして。
ボールドウィンで検索していて、こちらにたどり着きました。現在、「BBM」のハマっておりますが、その関係で「もう一つの国」の話題が出てきたのです。「ジョヴァンニの部屋」は私もかなりのめりこんで読みました。いま即席で記事を書き、TBさせていただきました。中でも、こちらの記事を紹介させていただいております。
テラロッサさんも「BBM」をご覧になったのですね。こちらを拝読していてデイヴィッド=イニス、に思えてきました。

不都合がございましたらお知らせくださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by terrarossa at 2006-04-12 19:35
びあんこさん、はじめまして。ようこそこのような所までいらっしゃいました。コメントとトラックバック、および記事を紹介していただき、ありがとうございました。
(絵はもうだいぶ長いこと描いてないです……)

「もう一つの国」は、年を経た今、ペーパーバック英語版とあわせて、もう一度じっくり読んでみたい作品だと思ってます。いまならまた何か別なものが見えてくるような感じがするので。
現在絶版なのが残念です。先に邦訳された単行本と、後に出た集英社文庫版では、翻訳者は同じですが、訳がだいぶ違っていたように記憶しています。文庫化に当たって、かなり手を入れたようです。

私の住む県で「ブロークバック・マウンテン」の上映はまだないので、見に行くとなると、峠を越えて、高速道路を使って、およそ3時間あまり車でひた走らねばなりません。
そんなわけで、なんとかもう一度見たいなあとは思ってますが、なかなか厳しい現状です。
Commented by 真紅 at 2006-05-24 11:26 x
テラロッサ様、初めまして。「もう一つの国/ボールドウィン」で検索してたどりつきました。(びあんこさんがいらしてビックリ!)
最近『もう一つの国』の存在を知り、一読して感銘を受け、拙ブログに感想をエントリアップしました。TBさせていただきましたのでよろしければ覗いてみて下さいませ。ではでは。
Commented by terrarossa at 2006-05-24 21:13
真紅さんこんばんは、初めまして。コメントおよびトラックバックありがとうございました。なんとも話題に一貫性のないブログですが、ゆっくりしていただければ幸いです。
最近になってボールドウィンがまた話題に上るようになったのは、やはり「ブロークバック・マウンテン」のヒットと、ジェイクの発言が理由なのでしょうか。ずっしり重厚、決してさらりと読み流すなどという読み方をゆるさない内容であっても、いや、だからこそ、今この時代まさに読まれるべき内容の「もう一つの国」が絶版とは、なんとも勿体ない事態ですね。
Commented by 真紅 at 2006-06-07 18:32 x
テラロッサさん、こんにちは。
『ジョヴァンニの部屋』、TBさせていただきました。よろしくお願いします。
私はこの作品のほうが訳文が古く感じ、『もう一つの国』に違和感はありませんでした。ちなみに大橋訳と野崎訳です。全く逆に感じるとは面白いですね。
よろしければお立ち寄り下さいませ。ではでは。
(トップのアマガエルさん、ちょっと怖いですね)
Commented by terrarossa at 2006-06-08 22:41
真紅さん、こんばんは。
受ける印象は人によって様々。当然のことでしょうが、面白いです。
あらためて今は、訳文の感じはそれぞれの作品の雰囲気にとても合っていると思ってます。読み返した「もう一つの国」は、目から鱗、でした。いろんな意味で。
 以前、「もう一つの国」に違和感を覚えたのは、訳文の語り口があまりにも「70年代日本文学っぽい感じ」だったからなのかなあとつらつら思っているところです。生きのいい会話の感じを出すために翻訳当時の日本のあたらしい言葉遣いを用いている、それが年月を経てしまうとかえってださい印象を与える。自分が「もう一つの国」を読んだ80年代半ばというのは、「ちょい古」の70年代的文章表現がいちばんださく感じる時期だった、というのもタイミングが悪かったのかな。言葉は生き物なんだなあ。対して、「ジョヴァンニの部屋」の翻訳文くらい「古くさく」なると、作品が書かれた年代そのままの感じがして、かえってしっくりくるような気がしてました。
あとは完全に個人的好みでしょうね。世代とか生まれ育った背景、読んできた本なんかでも、また異なってくると思います。


<< なつかしくない      「葬儀」(ジャン・ジュネ・著、... >>