2004年 05月 25日
一身上の都合で
 「それ」を行っているようなのだが、理由はよくわかってないらしい。
 ちなみに誰のことかと言うと、人ではなく、「フタナミトビヒメシャク」というガ(蛾)の幼虫のある行為についての話である。

 本種はシャクガ科の仲間で、いわゆる「シャクトリムシ」と呼ばれているグループに属する。その名の通り、幼虫は細長く、尺を取るように歩くという特徴がある。フタナミトビヒメシャクの若齢幼虫は、シャクガ科の幼虫の中でも特にスリムな体型で、芋虫というよりは、まるで針金か糸が歩いているように見える。
 また、この仲間は、何かに驚くと、直立して動かなくなるという習性を持っている。小枝に擬態して敵の目を欺くのが目的のようだが、葉の中央とか、建物の塀など妙な場所でかたまっていると、かえって目立ってるぞオイ、と声をかけてやりたくなる。なんだか逆に「私は虫じゃないでーす、動いてませーん、あなたの餌ではありませーん」と必死に自己主張しているようにも見えて、それはそれで微笑ましい(や、彼らにとっちゃ命の危機なんだから、別に微笑ましい事態ではない)。
 「フタナミトビヒメシャク」という舌を噛みそうな名前を持ってはいても、特に珍しい種類ではないし、食草の種類も多いので、ちょっと気をつけていれば割と色々なところで見かけることができるというのも、うれしい限りである(うれしくない人の方が多いかもしれない)。
 実はこの「フタナミトビヒメシャク」、くすんだ黄緑色の糸くずみたいなのが規則正しく尺を取って歩く姿や、ぴっしー!とまっすぐ硬直して必死にカムフラージュする様は、もうそれだけで十分楽しいものなんだが、さらに驚くべき奇妙な習性を持っていたのであった。

 自分がまだ学生だった頃の話。小さな鉢植えに、細長いシャクトリムシがくっついていたので、当時所属していた研究室の実験台の隅に、鉢ごと置いて様子を見ることにした。何日か経ったある日、何も置いていない実験台の中央に、不審な黒い粒子がぱらぱらと落ちていることに気付いた。それは明らかに虫の糞だった。鉢植えは隅に置いてある。シャクトリムシは鉢植えの中で、黙々と葉を食べている。こんなところまで虫が来るわけないし、と思いつつもう一度シャクトリムシの方を見たその時、決定的な瞬間が目に飛び込んできた。

頭を肛門の方へぐいっと曲げたかと思うと、ぴしっと反り返って自分の糞を弾き飛ばしたのである。
それをいちいち脱糞のたびにやっているのである。
体長約5㎝にしてその飛距離、約40㎝。(←あとで計った)

 後に、このシャクトリムシが「フタナミトビヒメシャク」であることを知ったが、自分の糞を飛ばす習性がある、という記載のあった文献は、当時(約15年前)、2冊ほどしかなかったと記憶している。あの決定的瞬間を目撃した者は、意外とごく少ない人数なのかもしれない。
 自分の在処を敵に知られないようにするための行動である、という説が有力に思えるが、では何故フタナミトビヒメシャクだけがこのように特異的な習性を持っているのか、理由はわかっていないとのことである。いちいちあれだけの事をやるんだから、何か訳があるに違いないんだろうが……
[PR]
by terrarossa | 2004-05-25 02:56 | いきもの


<< ハッタリをかます      リベラ・メ(2000、韓国) >>