2005年 08月 09日
夜明けのヒグラシ
 夏らしく、暑い毎日が続いている。セミの鳴き声で暑さも二倍増しだ。
 今住んでいるところはクマゼミの分布地域ではないので、昼間の主役はもっぱらアブラゼミで、時々それにミンミンゼミが加わる。盆を過ぎればツクツクボウシも鳴き始めるだろう。
 ということで、昼間はたいそうにぎやかに何種ものセミが登場するのだが、夕刻、薄暗くなると思い出したように「カナカナカナ」と鳴くやつがいる。ヒグラシである。黄昏によく響くその鳴き声からは、なぜだかひどく物寂しい雰囲気が漂ってくる。おそろしく強烈に「ああ、今日も一日が終わるのだ」と思わせる何かを持っている。効果音に使えばそれだけでばっちりというくらい、ヒグラシといえば「夕暮れ」のイメージだ。
 ところがそれは誤りで、彼らは夕方だけでなく、早朝にも鳴く。要は、薄暗きゃ鳴くってことか。あらためて図鑑を見たら、「夕刻または早朝に鳴く」とちゃんと書いてあったのだが、現在の住まい(家のすぐ前に木が生い茂っている)に引っ越して、初めて気付いたことだった。
 おかげさまというか、ここんとこ最近は、ヒグラシの鳴き声が目覚まし代わり。日が昇れば彼らはなりを潜め、アブラゼミがそれに取って代わる。どうも彼らにとっては時刻よりも「薄暗い」ということが重要のようだ。

そんなわけで、どうにもこうにも朝っぱらからもの寂しい、夕方気分の夏の日々なのである。

a0021929_23361242.jpg大阪で拾ったクマゼミの死骸。








 セミは、成虫が2週間程度の命なので、儚いなあと思っている人も多いみたいだが、幼虫の期間に土の中で何年も過ごしている、非常に寿命の長い昆虫なのである。ちなみに分類的には、「半翅目」という種類で、カメムシやアブラムシとお仲間だったりする。イメージって当てにならないもんだよなー。
[PR]
by terrarossa | 2005-08-09 23:40 | いきもの | Comments(0)


<< 生存確認      アストル・ピアソラ ~格闘技系... >>