2005年 06月 26日
「の」はオシャレな流行文字なのか
 中国のスーパーで菓子を買ったら、パッケージの一部が日本語だったのでちょっと驚いた。日本とは関係のない、地元向けの菓子なのに、である。「午後の、楽ーしい時間に」「とてもおイしーい!」等々、微妙に外した日本語だったのはご愛敬。
 気が付けば、さりげないところで日本語が使われている最近の中国語圏。とりわけ目に付くのが平仮名の「の」。
 街を歩けば、けっこうな頻度で「の」に遭遇する。

a0021929_4231062.jpg
          北京。「鮮の毎日」というペットボトル入りの清涼飲料水がたくさん売られていた。


a0021929_4234994.jpga0021929_4242611.jpg 台湾ではもっと頻繁に「の」を目撃した。ビリヤードクラブの看板、喫茶店の看板……
ついでながら、香港には「優の良品」という乾物屋系菓子店がある。



 とにかく、日本人を対象としたものではないようなところでも、「の」は、普通に使われている。
 たしかに、「の」は、助詞としてそのまま中国語の「的」または「之」と置き換えることが可能だ。特に「的」は字を崩すと「の」に見えなくもない。文法的にも、あまり違和感なく使うことができる。「の」という文字を使っていても、発音は「no」ではなく、「de」や「zhi」なのだろう。
 そして何よりも、角張った文字の多い漢字に混じると、シンプルで丸い形の「の」という文字は、圧倒的に目立つ。視覚効果ばつぐんである。自分は、これが「の」導入の一番の理由なのではないかと思っている。ちなみに、あちらの「の」は、日本の「の」よりも、より丸っぽい形のものが多いようだ。

a0021929_4252566.jpg

 雑誌を見れば、漢字にまじって平仮名の「の」のフォントが目に入ってくる。手書き文字でなく、ちゃんと中国語としての「の」というフォントが存在しているのだ。









 今のところ「の」に関しては、オシャレな流行文字扱いのようだ。当然、辞書にも記載されていない。ということは、中国語に投げ込まれた異物のような「の」を見るにつけ、「最近の言葉の乱れは嘆かわしい限りだ」と苦々しく思っているあちらの人も、たくさんいるに違いない。
 言葉は生き物というけれど、果たして中国語圏における「の」は、一時の流行なのだろうか?それとも中国語として定着していくのだろうか?
[PR]
by terrarossa | 2005-06-26 05:12 | 見聞録 | Comments(2)
Commented by 阿眉 at 2005-06-27 01:20 x
わーい書き込めるー。嬉しい〜。今までここにタイプしただけで文字化けで自分で何を書いてるんか判らなかったんだよね〜。

『の』はもはや、アジア圏において見逃せないですよ。
っちゅか、お気づきでしょうが『の』と書いて廣東語では『zi』と発音するのですよね。
我『の』見解では(笑)数年前から『の』はオシャレな流行文字というよりも、既に『Zi』=『之(或は的)』として、口語の中では根付いていると確信しています。
口語というもの、言葉というものは、こんな風に流動的で。ふわふわと漂っていくんよね。
てなわけで、レズゲイで会えるといいな〜。土日は無理なんだけど。
Commented by terrarossa at 2005-06-27 03:59
 阿眉さん、ようこそいらっしゃいました。エキサイトブログも色々不具合を改善してきてるみたいです。更新がまばらな上に、記事に一貫性がないこともあって、リアクションがほとんどないので、書きこんでいただけて感涙しております。
 たしかに香港、台湾では「の」が登場してから何年も経ってるし、一過性のハヤリモノではなくなってきてるような気はします。辞書に載るような類ではまだないと思うけど。さらに大陸でも「の」は定着していくんですかね?
 日本語ならば、漢字にひらがなにカタカナに……と、もとからいろんな種類の文字が複雑に混ざり合って構成されているから、いまさらそこに(例えば)ハングル文字が混ざったところで大した違和感は無さそうですが、漢字オンリーの中にいきなりひらがな、つーのは大層目立つもんだなあと「の」を目にするたびに感じるのでした。


<< 棘とか粉とか毛とか      うれしいしらせ >>