2005年 05月 31日
うれしいしらせ
 昨晩、友人よりうれしい情報がもたらされた。

a0021929_2342090.jpg 以前このブログでもとりあげた、台湾のイケてるラッパー(←個人的見解)黄立行(Stanley Hwang)が、最新アルバム「黒的意念」で、台湾金曲獎(日本で言うところのレコード大賞みたいなもんか)の最佳國語男演唱人獎(最優秀男性ボーカル賞)を受賞したというのだ。
 中国語圏で絶大な人気を誇るジェイ・チョウやワン・リーホンなどをぶっちぎっての、初の受賞である。
 台湾のニュースサイトによると、ノミネートはされたものの、ぜんぜん注目されていなかった彼が受賞したことは、周囲も本人にとっても全くの予想外だったらしい。名前の発音が微妙に似ているワン・リーホンと、読み間違えたか聞き間違えたかされて、混乱するハプニングもあったようだ。
 L.A.BOYZ解散後、ソロアーティストとして再出発した黄立行に、所属事務所はアイドル路線を踏襲させようとしたが失敗。彼は自分が本当にやりたいと思った音楽をめざした。その結果、ヒットに恵まれず、周囲の理解も得られなかったが、彼はあくまでも自らの音楽に対する姿勢を貫いた。ようやくそれが認められたのだから、喜びもひとしおだろう。
 自分としても、「一聴き惚れ」して以来、これが認められてないってどういうことなんだ、とまで思っていただけに、本当にうれしかった。
 前に書いたとおり、日本盤未発売のアーティストゆえ、日本での知名度は皆無といっていい黄立行だが、これを機に注目されるといいなあ。一聴の価値はあると思う。いや大ありだ。知らないなんて、ほんと、もったいない!
[PR]
by terrarossa | 2005-05-31 02:37 | 音楽


<< 「の」はオシャレな流行文字なのか      甘い人生(2005、韓国) >>