2013年 10月 12日
恐怖のビジュアル
a0021929_20483475.jpg うおおおお!
 あまりのでかさに、つい定規をあてて撮影してしまったクロメンガタスズメの終齢幼虫。あとで検索したら、同じように定規を当ててる画像がいくつもヒット。うん、こんなん目の前にいたら、絶叫するか、定規を当てて写真撮るかどっちかだな。
サイズだけなら、間違いなくワールドクラスだろう。

a0021929_1154964.jpg トマトの葉裏に生み付けられた卵。ガの卵としては大きいという印象。トマトも生育終盤につき、葉かび病やオンシツコナジラミが一緒に写り込んでおります…


a0021929_1162031.jpg 孵化間もない頃はこんなに小さいのに、どうしてあそこまで育つんだ。黒いアンテナかしっぽみたいな尾角は、最初っからちゃんとあるのね…さすがスズメガ科。


 上の終齢幼虫は無事蛹化したのち、約1ヶ月後羽化したのだが…


a0021929_1165273.jpg 背面に浮かび上がる不気味なドクロ模様。幼虫のインパクトだけでおなかいっぱいだというのに、成虫はそれを凌駕する勢いのビジュアルなんである。
 このガのお仲間は、ホラー小説「羊たちの沈黙」の表紙に使われている。いかにもという妥当な選択だな。
 おまけに、見た目に反して、基本まったりした動きのおとなしいガなのだが、体をつかむとギーギー鳴くのよこの方は…カミキリムシとかセミをつかんだ時の音みたいのを立てて抵抗するの。ガなのに。
 これがどっか外国から侵入した外来種などではなく、もともと日本に生息しているガというのだから…九州など暖かい地方にいたものが、近年分布域がどんどん北上して、現在はここトーホクでも確認されるようになった。ナス科の植物が食草ゆえ、農業害虫扱いなのである。や、あのガタイなだけあって、食う量も半端ないですし。

a0021929_1172413.jpg いま飼育してる個体は、たぶん4齢になったところ。模様がいっそう派手派手しくなってきた。ナイキのシューズとかにあるような柄?(←気のせい)

[PR]
by terrarossa | 2013-10-12 01:24 | いきもの | Comments(4)
Commented by eastwind-335 at 2013-10-14 19:34
う、うわあ~!

子供時代は尺取虫のような幼虫をよく見たものですし、最近もすごい勢いで糸を吐いて繭をつくったり、すごい顔して桑の葉を食べる蚕を見に、わざわざ富岡まで出かけてきたのですが、このインパクトには負けた感が・・・(笑)。

節がどんどん収まって5ミリぐらいになる様子を想像しちゃいました。
ところで、これらの幼虫の頭は右側ですか?左側ですか?
Commented by terrarossa at 2013-10-16 01:07
 とにかく大きい虫なので、初めて見た時は驚きました。蚕の倍くらいのサイズと思ってもらえれば…
 尾角(しっぽのように見えるもの)がある方がお尻側なので、1枚目の終齢幼虫は右、3枚目の孵化間もない幼虫は右、5枚目の飼育中の幼虫は左が頭側になります。
 ちなみに、飼育中のは数日前脱皮して、鮮やかな黄色と紫の縞模様に衣替えしました。どこまで大きくなるか楽しみです。
Commented at 2013-12-17 18:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by terrarossa at 2013-12-20 01:31
鍵コメントさま、こんばんは!このような僻地にようこそいらっしゃいました。これからもよろしくお願いします。

どうも、この手のお仲間(スズメガ科)には、鳴くやつらが複数いるもようです。ぎーぎーとかじーじーとか、ガのくせに…

http://www.youtube.com/watch?v=uadR4VFwTGk
↑灰白色というと、もしかして、この方でしょうかね?


<< 2013年春、あわただしくドイ...      2013年春、あわただしくドイ... >>