2013年 08月 09日
ようやく梅雨明け
 トーホクは延々と長雨・日照不足が続いたおかげで、夏なら当然の日差しと暑さに、まだ身体がいまひとつ慣れません…


a0021929_111144.jpg それはどうやらこの方も同様らしい。
 なんかすーげー暑そう。


a0021929_112248.jpg たぶんシュレーゲルアオガエルだと思う。アマガエルより一回りは大きい、きれいな緑色のカエルで、里では見かけない種類。バタくさい名前だけど、れっきとした日本固有種のカエルなんだとか。

[PR]
by terrarossa | 2013-08-09 01:24 | いきもの | Comments(2)
Commented by eastwind-335 at 2013-08-21 05:55
terarossaさん、こんにちは~!
うちの職場に池があるのですが、その周辺はアスファルトなしのところだからなのか、蛙が冬眠する場なのだそうです。私は池の近くの建物にオフィスをもって16年。引っ越しの時(3月)に通路に大きな蛙がいるのにびっくりしたキリで、すっかり彼らの存在を忘れてました。が、今年6月に孵化した子カエル(1センチ未満だった!)がびっちり通路にいるところに遭遇しました。いや、びっくりしましたよん!
別のビルにいる同僚からは「そんなの前から知ってるし、うちの子供のために卵取りに来たこともあるし、蛙の解剖するからって理科の先生つれてきたことあるし」と言われました。

ちなみに、蛙の子は黒かったですよ~。

旅行話も楽しみにしてます!
Commented by terrarossa at 2013-08-24 14:39
東風さん、お久しぶりです!
最もポピュラーなカエルといえばアマガエルですが、水辺にいて大きいカエル、というと、トウキョウダルマガエルかなあ…
関東圏だと、それよりも大きいヒキガエルがけっこういて、冬に畑や庭の土を掘ると、冬眠中の個体に当たってしまうことがあります。まさに「主」という貫禄と風格をお持ちの方が、もそっと不機嫌そうに身じろぎされますので、とっさに「お休み中のところ申し訳ありません」と謝罪しつつ、慌てて土をかけ直したことがありました。


<< 2013年春、あわただしくドイ...      まぎらわしいにもほどがある >>