2005年 03月 03日
レクイエム・フォー・ドリーム(2000、アメリカ)
 出演者たちの心と体に尋常でないプレッシャーを強いたであろう、ジェットコースター恐怖映画。
 ヤクの売人で、自らもドラッグ漬けになるダメダメ息子を演じたジャレッド・レトの鬼気迫るやつれっぷりもアッパレだったが、それ以上に、ダイエットがきっかけで覚醒剤にはまり、精神が崩壊してゆく老いた母親を演じたエレン・バースティンがとにかく凄い。
監督は、デビュー作「π(パイ)」で一躍有名となったというダーレン・アロノフスキー。が、「π」は未見だし、原作小説「夢へのレクイエム」も読んでないので、以下は、この映画だけを見ての感想となることをお断りしておく。

 主役の4人が全員ヤク中で、従って幸せな結末などあろうはずもなく、救いは全くない。おまけに、グロテスクな描写で大袈裟にあおっているところもあるので、人によっては生理的に駄目だったりするかもしれない。にもかかわらず、個人的にはそれほど「くる」ものはなかった。なにせ、ガンガン攻め込んで行くが如き目まぐるしいテンポとカット割りは、なにかをすっこーんと通り抜けちゃって、コミカルですらある。そういう、どっか突き放したような描写に、非常にクールでドライな印象を受けたので、麻薬の害悪をリアルに、容赦なく描いた作品であることに異論はないものの、皮膚的な恐ろしさを感じるまでには至らなかったのだ。うーん、役者たちは半端でない熱演を繰り広げているんだがなあ。
 映像自体は斬新で(や、一歩足を踏み外すと陳腐なホラー映画になりかねない、とも言えるか。くわばらくわばら)、低予算のインディーズ映画よろしく、まず作り手が楽しんでいることが感じられる。テレビ、甘いお菓子、コーヒー、そして「ダイエット」という行為……中毒は麻薬だけでないのだ、と言う主張もきちんと伝わってくる。クスリでイっちゃったら、世の中がこんな見え方をするのであろう、とリアルに思わせてしまう世界の組み立て方も巧みだ。後半、病院のシーンがあるんだが、「いくらなんでも今の病院でこんなことはしねえだろ!」と突っ込みを入れたくなる場面が出てくる。長年テレビドラマ「ER」にはまっている身としては、黙っちゃおれないような嘘臭い描写だ。しかし、ふと、「あ、これもドラッグでおかしくなった彼らの主観的な視点からだと、こう見えるってだけなのか」と思い至り、納得。見ていたテレビと自分がごっちゃになって乱痴気騒ぎになったり、口がぱっかり裂けた人喰い冷蔵庫に食われちゃったりしている世界だもんな。
 
 ところで、ジャレッド・レトという俳優を初めて知った時から、どこかで見たことのある顔だなあ……とずっと気になっていたのだが、この映画の、どっか詰めの甘いチンピラ風のジャレッドを見て、彼が、漫画家・多田由美氏の描くキャラクターにそっくりであることに気付いた。ぱっちり丸くて大きな瞳に少し上向きの鼻、寂しげな口元は、確実に少女漫画入ってる。むろん彼女はジャレッドをモデルにキャラクターを描いている訳ではないはずなので、驚きと感動もひとしおだった。デジャヴの正体はこれだったんだ。二次元の世界、侮りがたし。ほんと、びっくりするくらい似てるよ。すげえ。
[PR]
by terrarossa | 2005-03-03 23:12 | 映画


<< 台湾のアッパレなラッパーたち      2004年に見た映画 >>