2012年 11月 22日
ミクロモフモフの世界
 これまでのぬるい気候とは一転して、冬まっしぐらの今日この頃なのである。
 となれば、あたたかくてフカフカでモフモフなものをつい求めたくなる。

 そしてモフモフは、身近でミクロな世界にも存在する。

a0021929_285395.jpg クロマルハナバチ。
 見るからにふっかふか。しかしハチなのでうっかり触る訳にもいかないのが残念である。

a0021929_2102389.jpg イチモンジセセリ。
 小型のチョウなので見落としがちだが、背中のモフモフ具合ときたら相当なもの…しかし動きが素早いので、これもなかなか触らせてはもらえない。

a0021929_2173144.jpg ヒメヤママユ。
a0021929_217253.jpg モフモフ部分を拡大。
 いわゆるモスラの類なので、ビジュアル的に無理な方もいらっしゃるだろう。しかし、いまいち鈍い動きのため捕獲は容易、かつ、その充分な大きさもあり、実際に触れてそのモフモフ具合を確認することが可能な、お得感溢れる昆虫なのである(虫の側からすればストレスてんこ盛りになるだけで、迷惑この上ない行動であるが)。

a0021929_2185316.jpg ムラサキツマキリヨトウ。
 モフモフなんだけど、なんかキリッとしている印象。色は地味ながら、よく見るとゴージャスな模様。動きも機敏。

a0021929_2195288.jpg ヒトリガの幼虫。
 初夏にかなりの高速で道路横断してる毛虫といえばこの方、と言ってもいいほどメジャーなガの幼虫。餌も食わなくなって落ち付きなくあっちっこっち歩き回ってるのは、蛹になる場所を探してるためなんだとか。

a0021929_219495.jpg マイマイガの幼虫。
 モフモフうんぬんというより、背中に並ぶ模様の特異さに衝撃を受けた、でかい毛虫。なぜにきっかり青と臙脂の2色に分かれているのだ?青と臙脂といえばFCバルセロナじゃ…(←ヤメロ)


a0021929_2205632.jpga0021929_2204298.jpg
 そして最大の衝撃を受けた「モフモフさん」がこの方、リンゴドクガの幼虫。こんなド派手な黄色い毛虫が普通に日本に(それもトーホクに)いたなんて!
 しっぽかアンテナみたいに一束だけ赤い毛束というのが現実離れしてるし、黄色い毛に黒い体って…まるで阪神タイガースかボルシア・ドルトムント…(←だからヤメロと)
 ちなみに、リンゴドクガという名の通り、これはドクガ科に属するガなのだが、この鮮やかな黄色い刺毛に毒は無い。実はドクガ科のガ全てが毒刺毛を持っている訳ではないんだそうだ。とはいえ、もちろん危険な輩もいるので、種類のはっきりしない毛虫は、いくらモフモフだからといっても、触らないほうが無難である。
[PR]
by terrarossa | 2012-11-22 02:47 | いきもの


<< ごぶさたしてます      かぐわしき方々の華やかなる装い >>