2012年 03月 21日
2011年もなんとかドイツのサッカーを見に行く・その3
◆混迷のレバークーゼン
 11月5日(土)は、ブンデスリーガ第12節、バイヤー04 レバークーゼン対ハンブルガーSV の試合をバイアレナで観戦した。

 昨シーズン2位だったレバークーゼンは、この時点で8位と今ひとつ振るわない成績。主力メンバーはほとんど変わっていない。だが、監督とコーチが交代した。指揮官が替わったのだから、初めのうちうまくいかないのは仕方ないと思っていた。が、数ヶ月経ってもまだぎくしゃくしているような印象を受けた。ほんとのところはどうなのか、部外者のいちファンには知るよしもないが。
 クラブの運営面でも大きな出来事があった。メインスポンサーだった電力会社「TelDaFax ENERGY」の経営が破綻してしまったのだ。で、クラブは新たな出資者を求めて迷走。ユニフォーム胸部分にはクラブのスローガンである"Werkself"がとりあえず入れられた。いったん出版しようとしていたシーズンブックは引っ込められ、選手のサインカードは発売延期になった。
a0021929_2352484.jpg 紆余曲折の末、シーズン開幕間際になって「SUNPOWER」という電力会社(また電力会社だ)が新たなスポンサーに決まった。が、ユニフォームに付けられた企業名ロゴプリントの、太陽のコロナを模した「O」の字のぼんやりした部分が、洗濯をすると容易に色褪せてしまうことが発覚し、「洗濯を繰り返しても劣化しないプリント地に作り直す必要が生じた」ということで、レプリカユニフォームの発売も延期されてしまった。そしてそのまま月日が経過。11月上旬、はるばるドイツのファンショップに直接赴いたというのに、シーズンブックもサインカードセットも売っていない。レジのおねえさんは、「いつ入荷するかわかんないのよ。シーズン終わっちゃうわよねえ」と苦笑。ほんとだよ、シーズン終わっちゃうよ…
 レプリカユニフォームは、白のアウェーユニが10月を過ぎて入荷、黒のホームユニは、現地観戦した12節の試合日に、スタジアム内のショップでようやく先行発売となった。
 そしてシーズンも終盤に入った3月現在、11/12シーズンブックとサインカードセットは、現地のファンショップでは販売されているのだろうか。少なくともオンラインショップのリストにはどちらもまだない。まさか今シーズンはそれで終わるつもりなのかレバークーゼン。ドイツのトップリーグのクラブがそんなんでいいのかよう。

 対するHSVは、レバークーゼン以上に厳しい状態にあった。クラブの運営もチームの状態も悪く、11節終了時点で2勝しかしておらず、順位も16位と降格圏ゾーン。不振と言われた昨シーズンよりさらに成績が低迷していた。いい選手は揃っているのに。

a0021929_2583877.jpg 試合日になるとスタジアム周辺で必ず見かける騎馬警官。なので、お馬さんの「落とし物」には気をつけねばならない。

a0021929_257527.jpg 試合開始前のウォーミングアップにて。試合前なんだから、厳しい表情でも不思議じゃないんだが、それにしても、どっかくたびれてれているような、沈んだ雰囲気を感じてしまった…(もちろん気のせいだと思いたい。いや気のせいです多分)。
 さて、試合は、そんな不安を一気に払拭するようなイケイケの展開で始まった。開始5分でシュールレが直接フリーキックを決めて早くも先制。20分にはラース・ベンダーの追加点で、レバークーゼンが早々に2点リードという、「もしかしたら大量得点ですっきり勝利かも」と期待を抱かせるようなゲームとなった。だが、前半34分、アオゴのFKからヴェスターマンが押し込んで1点。後半に入ると試合の流れも選手の動きも一変する。なんかバタバタしだしてやばいな、と思った矢先、57分にヤンゼンが決めて同点に追いつかれてしまう。会場内はブーイングの嵐となった。それも、敵方に対してではない。今シーズンは、中継を見ててもブーイングがよく聞こえてきて、もしかしてこれ、身内に向かってやってるのか?と疑ってはいたけれど、実際この場に来たことでよくわかった。自分とこの選手に対して、ボールが渡ると野次が飛ぶってどういうことだよ。プレッシャーをかけているというよりも嫌がらせじゃないか…選手があまりにも気の毒すぎる。
 結局、なんとか逆転されずに2-2のドローで試合は終わったが、負けに等しい引き分けという尻すぼみの結果に、会場はさらに激しいブーイングでしばし騒然。2日前のシャルケ戦も今回も、引き分けてブーイングという、短い日程で2試合観戦できたのはいいが、なんともがっかりな結果となってしまった。
 反対に、崖っぷち順位のHSV側はアウェーの地で2点ビハインドから追いついて貴重な勝点を得たのだから、これはもうお祭り騒ぎして当然だよなあ。

a0021929_2574584.jpg 試合終了後、スタジアムの外で輪になって踊ってたHSVサポの皆さん。喜びの高速回転。

[PR]
by terrarossa | 2012-03-21 03:06 | サッカー | Comments(2)
Commented by ピタ at 2012-03-31 22:56 x
今季のレバークーゼン、そんな状況からのスタートだったんですね…はじめて知りました。(しかも洗濯って。ツライ。…あの、でも、そこもう最初から滲んで見えなくもないような…←?)
実は今季、数少ないブンデスの放送だけでは足らず、CLも初TV観戦してるんですが、先日の決勝Tのバルサ戦、圧倒的な実力差の前に脱力、苦戦するレバークーゼンに、わざわざバルセロナまで来た四千人のサポーターが70分くらいから応援の歌を歌っていた(ような)映像があり、それに奮起されるように終了間際に一矢報いた結果に、とても感動したのですが…。
チームが辛いときにこそサポーターの力って大きいと思うので、愛のムチとはいえブーイングをするのは残念ですね。
最終盤に向け、レバークーゼンの奮闘を応援したいです!
Commented by terrarossa at 2012-04-20 02:08
先日、監督が解任され、遅ればせながら新体制になったレバークーゼンですが、遅きに失したような…雰囲気はだいぶ変わったようですが、チームのコンディションを立て直すにはまだ時間がかかりそうです。なんとかEL出場圏にいてほしいんですが、どうなることやら。来季に期待、というところでしょうか。


<< かぐわしき方々の華やかなる装い      2011年もなんとかドイツのサ... >>