2011年 04月 24日
回転の早いプロフットボール業界
 ここ5年、何とか仕事をやりくりしてせっせと海の外へ出かけていたのだが、さすがにしばらく遠出はできなくなるかもしれない。今の仕事を続けるならば、最後までこの地にとどまらなければいけないことははっきりしてはいるものの、果たして自分の人生はこれからどうなっていくのか、ここにきてちょっと見当がつかなくなっている。生きてる内にこんなこともあるんだなあ、とぼんやり思ったりもしてるが、実はそんな感慨にふけっている場合でもない程度には、事態は好転していない。だからといって、自分の力ではいかんともしがたいことについて、くだくだ悩むのも馬鹿馬鹿しい。
 日常生活とは距離がある世界をテーマにブログを書くことは、ていのいい現実逃避の手段だ。少なくとも自分はそう思ってここを続けている。


 …ということで、またしてもサッカー=フットボール。相変わらず戦術その他の技術的なことについては怖くて書けず(なにせ一蹴りもしたことすらないので、ほんとのところがさっぱりわからん)、もともと関心がフットボールの周辺部分にばかり向いているような底の浅いミーハーなので、書けることなどたかが知れているけれど。

 バイエルン・ミュンヘンのカタログが重量感に溢れたゴージャスな体裁だということを以前書いたが、イヤーブック(いわゆる年鑑)もまた、ヘビー&ゴージャスなんである。ドイツ中西部を駆けめぐってカタログやら雑誌やら集めまくっていた昨年は、さすがに遠いミュンヘンからカタログとイヤーブックの両方をお持ち帰りするという荒行に耐える覚悟はなく、購入を見送ってしまった。今、手元にあるのは2006/2007、2007/2008、2009/2010シーズンの3冊。選手の入れ替えが激しいだけでなく、外観のデザインも内容も毎シーズンがらっと変わるので、今度はどんな体裁になるのかと期待するのもファンの楽しみなのだろう。
 2007/2008バイエルン・ミュンヘンのイヤーブックの選手紹介ページには、各選手へのQ&Aがあって、回答欄のところどころが本人の手書き文字(印刷)という体裁になっている。回答の内容もさることながら、それぞれの筆跡からもキャラクターがかいま見えるような気がして、見ていてとても楽しい。 欧米圏では、日本や中国、またはアラビア語圏とは異なり、「字をきれいに書きましょう」という意識があまりないらしく、「わかればいいや」って感じのテキトーな字を書く人が多いのだが、各選手の書き文字を見ると、やっぱりそんな感じ。 それにしても、もうちょっときれいに書いたらどうよと思いつつページをめくっていくと、ふと流麗な筆記体が目に飛び込んでくる。こなれた感じの美しい文字を書いていた人、 それは、現1.FCケルンのGK、ミヒャエル・レンジング選手だった。オリバー・カーンの後継者として将来を嘱望されながら、失意の内にバイエルンを去り、いっとき「さまよえるドイツ人」となり、紆余曲折の末、ケルンへやってきた苦労人。そういう字を書く人だとは、正直意外というか…いや、とても繊細な人なのかもしれないな、とその筆跡を見て思ったのだった。
 その2007/2008シーズンのイヤーブックには、現在、ボルシア・ドルトムントの鉄壁センターバックとして名を馳せている、マッツ・フンメルス選手のページがある。単に若いというだけでなく、もう雰囲気そのものが今とは全く違っていて、まるで別人のようだ。たかが4年、されど4年。成長するとなにもかも変わるんだなあ…
 このイヤーブックに載っていて、今もバイエルン・ミュンヘンに在籍している選手は、全体の1/3にも満たない。あらためてプロフットボールの世界の回転の早さを実感する。こんな世界で十年以上もトップを走り続けているような選手というのは、本当にすごいと思う。

a0021929_5391841.gif マッツ・フンメルス選手。整った顔立ちの人ほど描きにくいものだけど、彼はむしろ目鼻立ちがくっきりしたところに特徴があるのでうまくいくかな、と思ったのだが甘かった。よく知りもしないで写真だけ参考にして描いてみても駄目だー。

 
a0021929_5393665.gif 彼はドルトムントの選手なので、背景はもちろん黄色だろうということで黄色にしてみたが、赤も似合うな(もともとバイエルンの選手だったことだし)。

 黄、赤ときたら青、ということで青背景も作成してみた。が、ドルトムントの選手に青はまずかろうということで、ここでは自重。いやなんとなく。
[PR]
by terrarossa | 2011-04-24 05:46 | サッカー | Comments(4)
Commented by eastwind-335 at 2011-04-24 22:10
terrarossaさん、こんにちは。

ワタクシ、バイヤンファンとか言っている割に、この手のものを買わないんです・・・。特定の選手のファンでもあるのに、グッズなしですし。去年はマガジンをドイツ在住のブロガーさん宅へ送ってもらいそれを転送してもらっていたのですが、今シーズンは止めました。なのでterrarossaさんの重量制限ギリギリまでの大冒険(!)には頭の下がる思いです。
さて、マッツ・フンメルス。私がバイヤンのHPをブックマークし始めた時にはすでにレンタル中でしたが、あの頃のバイヤンはそういう選手も「ウチの選手」として紹介ページに掲載されていました。
その時は「この選手はドイツ人なのでしょうか?」と驚いたものです。そして、彼は「少年」でしたよね・・・。今はテレビで見るたびに「本当に同じなのだろうか。まさかお直しが?」とチト失礼なことを思ったり。
フンメルスが年鑑に乗っている時はレンタル=武者修行で、時期が来たら帰ってくると思っていたのに。
レンタルが決まれば「ウチの子じゃありません」というクラブの態度も思えば昨シーズンあたりからだったような・・・。

ところで、背景はやっぱり黄色と黒ではないのでしょうか・・・。
Commented by terrarossa at 2011-05-01 00:50
東風さん、毎度遅レスですみません。
うーん、たった今ドルトムントの優勝が決まってしまいました。フンメルス選手はすっかり「優勝の立役者」ですね。ドイツ国内ばかりでなく、海外リーグからの熱視線を浴びるまでに成長したんだなあ…やはり背景は「黄色」ですか。

私の紙収集癖はもはや病気と呼べる領域まで達してるかもしれません。耐え難き重さへの苦痛を承知で、毎度毎度直接持ち帰っている訳ですから…
Commented by ピタ at 2011-05-12 13:50 x
初めまして。好きなレヴァークーゼン情報を収集するためにネットを渡り歩いて、辿り着きました。

現地観戦の記事はもちろん、農業関係、映画等…(にわかミーハーフスバルファンでしかないのですが…)、面白くて、興味深く読ませていただきました。
ロルフェスの見方にすごい共感したり、
レヴァークーゼンちの植木とか、ケルンの服とか。爆笑です…!!
ドイツ人のこの感覚、大好きだ…!!

ぜひこれからも、来させてください。
Commented by terrarossa at 2011-05-14 15:27
ピタ さん、初めまして!このような話題のとっ散らかった辺境の地にまではるばるおいでくださり、ありがとうございます。
ピタさんはレバークーゼンのファンなのですね!現地で観戦されたこともあるのでしょうか?私は実際に現地へ見に行ったことによって、見事にはまったにわかファンです。所詮はミーハーゆえ、Jリーグも、ツヴァイテ・ブンデスリーガも、ロシアリーグも見に行ってはひとりで盛り上がっている節操なきフスバルファンなのですが。
ゆるゆるの更新頻度ではありますが、これからも細々と営業していくつもりですので、またいらしてくださるとうれしいです。よろしくお願いします。


<< 驚くべきサッカー狂、ショスタコ...      「被災県」にて、生きております。 >>