2011年 04月 24日
回転の早いプロフットボール業界
 ここ5年、何とか仕事をやりくりしてせっせと海の外へ出かけていたのだが、さすがにしばらく遠出はできなくなるかもしれない。今の仕事を続けるならば、最後までこの地にとどまらなければいけないことははっきりしてはいるものの、果たして自分の人生はこれからどうなっていくのか、ここにきてちょっと見当がつかなくなっている。生きてる内にこんなこともあるんだなあ、とぼんやり思ったりもしてるが、実はそんな感慨にふけっている場合でもない程度には、事態は好転していない。だからといって、自分の力ではいかんともしがたいことについて、くだくだ悩むのも馬鹿馬鹿しい。
 日常生活とは距離がある世界をテーマにブログを書くことは、ていのいい現実逃避の手段だ。少なくとも自分はそう思ってここを続けている。


 …ということで、またしてもサッカー=フットボール。相変わらず戦術その他の技術的なことについては怖くて書けず(なにせ一蹴りもしたことすらないので、ほんとのところがさっぱりわからん)、もともと関心がフットボールの周辺部分にばかり向いているような底の浅いミーハーなので、書けることなどたかが知れているけれど。

 バイエルン・ミュンヘンのカタログが重量感に溢れたゴージャスな体裁だということを以前書いたが、イヤーブック(いわゆる年鑑)もまた、ヘビー&ゴージャスなんである。ドイツ中西部を駆けめぐってカタログやら雑誌やら集めまくっていた昨年は、さすがに遠いミュンヘンからカタログとイヤーブックの両方をお持ち帰りするという荒行に耐える覚悟はなく、購入を見送ってしまった。今、手元にあるのは2006/2007、2007/2008、2009/2010シーズンの3冊。選手の入れ替えが激しいだけでなく、外観のデザインも内容も毎シーズンがらっと変わるので、今度はどんな体裁になるのかと期待するのもファンの楽しみなのだろう。
 2007/2008バイエルン・ミュンヘンのイヤーブックの選手紹介ページには、各選手へのQ&Aがあって、回答欄のところどころが本人の手書き文字(印刷)という体裁になっている。回答の内容もさることながら、それぞれの筆跡からもキャラクターがかいま見えるような気がして、見ていてとても楽しい。 欧米圏では、日本や中国、またはアラビア語圏とは異なり、「字をきれいに書きましょう」という意識があまりないらしく、「わかればいいや」って感じのテキトーな字を書く人が多いのだが、各選手の書き文字を見ると、やっぱりそんな感じ。 それにしても、もうちょっときれいに書いたらどうよと思いつつページをめくっていくと、ふと流麗な筆記体が目に飛び込んでくる。こなれた感じの美しい文字を書いていた人、 それは、現1.FCケルンのGK、ミヒャエル・レンジング選手だった。オリバー・カーンの後継者として将来を嘱望されながら、失意の内にバイエルンを去り、いっとき「さまよえるドイツ人」となり、紆余曲折の末、ケルンへやってきた苦労人。そういう字を書く人だとは、正直意外というか…いや、とても繊細な人なのかもしれないな、とその筆跡を見て思ったのだった。
 その2007/2008シーズンのイヤーブックには、現在、ボルシア・ドルトムントの鉄壁センターバックとして名を馳せている、マッツ・フンメルス選手のページがある。単に若いというだけでなく、もう雰囲気そのものが今とは全く違っていて、まるで別人のようだ。たかが4年、されど4年。成長するとなにもかも変わるんだなあ…
 このイヤーブックに載っていて、今もバイエルン・ミュンヘンに在籍している選手は、全体の1/3にも満たない。あらためてプロフットボールの世界の回転の早さを実感する。こんな世界で十年以上もトップを走り続けているような選手というのは、本当にすごいと思う。

a0021929_5391841.gif マッツ・フンメルス選手。整った顔立ちの人ほど描きにくいものだけど、彼はむしろ目鼻立ちがくっきりしたところに特徴があるのでうまくいくかな、と思ったのだが甘かった。よく知りもしないで写真だけ参考にして描いてみても駄目だー。

 
a0021929_5393665.gif 彼はドルトムントの選手なので、背景はもちろん黄色だろうということで黄色にしてみたが、赤も似合うな(もともとバイエルンの選手だったことだし)。

 黄、赤ときたら青、ということで青背景も作成してみた。が、ドルトムントの選手に青はまずかろうということで、ここでは自重。いやなんとなく。
[PR]
by terrarossa | 2011-04-24 05:46 | サッカー


<< 驚くべきサッカー狂、ショスタコ...      「被災県」にて、生きております。 >>