2010年 11月 02日
2010年もまた、ドイツのサッカーを見に行く・その7
◆負け犬フィーバー!
 9月26日(日)は、ツヴァイテ・ブンデスリーガ(2部)第6節、ロット・ヴァイス・オーバーハウゼン対VfLオスナブリュックの試合を観戦した。

 ホームのロット・ヴァイス・オーバーハウゼンは、つい数シーズン前にはレギオナルリーガ(4部)にまで降格し、しばらく低迷していたが、ここ2シーズンはなんとかツヴァイテにとどまっているチーム。アウェイのVfLオスナブリュックは、ドリッテリーガ(3部)とツヴァイテの間を行ったり来たりしているチームで、2009/2010シーズン、ドリッテで優勝し、今季ふたたびツヴァイテに復帰してきた。
 なお、このVfLオスナブリュックは、ドリッテだった昨シーズン、DFBポカールの2回戦でハンブルガーSVを、ベスト16でボルシア・ドルトムントを破ってベスト8に進出し、一躍センセーションを巻き起こしたチームだ。PK戦の末、ハンブルガーSVに勝利した試合の時にはちょうどドイツにいたので、まさに「ジャイアントキリング」と言うに相応しい、泥臭い戦いっぷりが大変話題になっていたことはよく覚えている。それら2試合の勝利の立役者は、2008/2009シーズンまでSVヴェーエン・ヴィースバーデンに所属していた、ベンヤミン・ジーゲルト選手。ハンブルガーSV戦、ボルシア・ドルトムント戦でそれぞれ1ゴールずつ決めるという活躍ぶりだった。
 そして、ロット・ヴァイス・オーバーハウゼンにも、ジーゲルト選手と同じく、SVヴェーエン・ヴィースバーデンのドリッテ降格に伴って移籍してきた、ロニー・ケーニッヒ選手がいる。
 これまでほぼ成りゆきで選んできたドイツでの数少ない試合観戦だが、こうしてまた、以前試合でプレーを見た選手を別な場面で見ることができて、なんだかちょっとうれしいのである。

 そんなわけで、もちろん試合開始からがっつり見る気でいたが、別なところをハシゴしていたら移動が大幅に遅れ、ニーダーラインシュタディオン(Niederrheinstadion)に到着した時は、既に後半が始まっていた。うう残念。幸いにもまだ両者スコアレスだったが。
 
a0021929_23292479.jpg ほぼ満席のスタンドからは、熱い声援が。こっちの人たちの「フスバル愛」はほんとにすごいと思った。
 そしてアイツはいるのだろうか……

a0021929_2330971.jpgいた!
a0021929_23303622.jpg ピッチサイドを縦横無尽、まさに期待を裏切らない躍動っぷり。
a0021929_2331353.jpg しかも大人気。試合中だというのにサインやら写真やらを求められているよ!UNDERDOGすげー!でもいいのか?

a0021929_23475860.jpg さて肝心の試合。膠着状態というか、2部だからというか、互いに相手のイマイチなパスを中盤あたりでカットし合うのだが、それがぜんぜんうまくつながらない。蹴鞠でもしてんのかいというような感じのふわふわした浮き球ばっかりで落ち着かないことこの上なし。ちっとも足元に収まってくれないのだ。ううう歯がゆい。これじゃ5月に見たロシア2部リーグとおんなじじゃないか。ヘタレバックパスとか、宇宙開発ミドルシュートとか。
 そんな中、オーバーハウゼンが交代カードを切る。元ヴィースバーデン所属、ロニー・ケーニッヒ選手登場。そして、その采配は見事的中した。76分、セットプレーからケーニッヒ選手がゴール!これが決勝点となり、1-0でオーバーハウゼンの勝利となった。

a0021929_23315043.jpg 試合後、選手たちと勝利のダンスを踊りまくり、再びスタンドまで戻ってきたUNDERDOG。方々から「UNDERDOG!」「UNDERDOG!」と声がかかり、アイドル並みの人気。次々に観客とハイタッチしているのが楽しそうだったので、スタンドの一番下に降りていって待ってたら、ちゃんとハイタッチしてくれた。
a0021929_23514889.jpg
 ノリノリだなUNDERDOG。大人気だなUNDERDOG。

 そして、ファンがたくさんバス待ちをしていた停留所で遭遇したのは……

a0021929_2333266.jpg リアル・UNDERDOG!(このわんこが「負け犬」というわけじゃないんだが)
a0021929_23324343.jpg 色も模様もおんなじだよ!……飼い主さん、とことんこだわったんでしょうなあ。

 下手すると、選手以上に人気者なんでしょうかアイツ。

a0021929_23332379.jpg よく見りゃマッチデープログラムの表紙も……

[PR]
by terrarossa | 2010-11-02 00:01 | サッカー


<< 腹に一物(物理的に)      2010年もまた、ドイツのサッ... >>