2010年 08月 23日
ロシア極東の市場を行く
 ロシアの商店というと、
a0021929_1311865.jpga0021929_1313561.jpg
 商品がショーケースの中とか窓の内側に貼られていて、客は欲しいものを店員に言って出してもらい、チケット売り場のような小さい窓口を通じて商品の受け渡しと金銭の支払いが行われるスタイルが一般的だったのだが、ウラジオストクでは、客が商品を手に取りながら買い物できる、いわゆるスーパーマーケットスタイルの店がさらに増加していた。
a0021929_133177.jpga0021929_1333422.jpg
 そして、あちこちで見かける「24」という数字。「24時間営業」と「24時まで営業」の両方あったが、いずれにしても、深夜営業の店が増えたということか。

a0021929_1343584.jpg 一方で、従来のスタイルをとる「キヨスク」も
a0021929_13574.jpg 露店も健在。
 ハバロフスクでは、スーパーマーケットはまだ一般的ではないようで、店の数も少なかった。

 ウラジオストク、ハバロフスクは極東地方らしく、魚介類がたくさん売られていたのが印象的だった。
a0021929_1361136.jpga0021929_1363926.jpg
 シャケ、イクラと日本でもおなじみの食材も。うまそう。

a0021929_1372189.jpg 野菜は、季節的にまだ春になったばかりということもあったのか、ほとんどが中国から来ているとおぼしきものばかり。
a0021929_1375243.jpg まるで箪笥か仏壇のような構造の市場の商店。観音開きの扉部分もショーケース。

 帰国して、あらためて地図をチェックしてみたら、ウラジオストク市内の主要な市場とショッピングモールをほとんどさらっていたことに気づく。ほかにすることはなかったのかと以下略。

a0021929_139329.jpg あの小さい日本人、一体何回同じところを往復したら気が済むのかしら……

[PR]
by terrarossa | 2010-08-23 01:44 | 見聞録


<< 2010年もまた、ドイツのサッ...      正しい道路の渡り方 ロシア極東... >>