2010年 08月 22日
正しい道路の渡り方 ロシア極東ふたたび・その3
 ロシアから日本への帰国便はハバロフスク発→新潟着なので、寝台列車「オケアン号」で、ウラジオストクからハバロフスクへ移動した。

 シベリア鉄道の終着点、ウラジオストク駅は港に隣接した大きな駅。
a0021929_16371875.jpg
a0021929_1638782.jpg クラシックな駅舎は内部も美しく改修されており、おおこれは、と期待していたのだが……
a0021929_16384563.jpg トイレは有料の上、便座無し・紙無し、という伝統的なロシアンスタイルをしっかり踏襲していたのだった。くっ。
a0021929_16392870.jpg ようやくあたりが薄暗くなってきた夜8時過ぎ、オケアン号に乗車。新しくてきれいな列車だった。
2等車は1室4名のコンパートメント。ここで偶然、日本人旅行者の方と同室になり、以降、帰国まで行動を共にしていただいた。

a0021929_16395988.jpgハバロフスク郊外の夜明け。白樺の林が美しい、シベリアーンな湿地が続く。ここから大量の蚊が発生するのだろうなあ。

 ハバロフスク駅前は、6年前とは全く様子が変わっていた。そういえば以前来たとき、がんがん工事していたっけな……
 こぎれいに整備された駅前に、クワス売りのタンクは見当たらなかった。ロシアも最近は、昔ながらのクワス売りが少なくなったという記事をどっかで読んだのだが、朝早かったし、夏ではなかったからいなかった、というだけかもしれない。

 ハバロフスク滞在はわずか1日。ということで、朝早くから夕方遅くまで、昼食も摂らずにひたすら街を歩き倒した。
 だがしかし、道のりは平坦ではなかった。物理的に。

a0021929_16405988.jpg 
 階段。
a0021929_16412683.jpg 階段(としてどうなのか、ツッコミを入れたくなる階段だが)。
 地図上では、直線的な道が碁盤の目状に走っているので、平坦な土地だと勘違いしそうになるが、実はきわめて立体的な地形なのだ。
a0021929_1642275.jpg
 遠くが見渡せるほど、途方に暮れる。あの先まで行かねばならぬのかと……
 ウラジオストクも坂だらけで歩くのが大変だったが、ハバロフスクはウラジオストクと比べると、間合いがゆったりした地方都市なだけに、余計先が遠く感じられる。足腰を存分に鍛えたい方はハバロフスクがおすすめ(本気)!

a0021929_16423229.jpg 木造建築を結構見かける。
a0021929_16425428.jpg あっちこっちで目立ちまくり、カササギの巣。

 ハバロフスクもやはり日本の中古車が圧倒的に多い。
a0021929_1643203.jpg
 全身どろまみれ。これぞRV車冥利に尽きる使われ方。
a0021929_16434759.jpg セルゲイさんの車……らしい。ロシアでも、日本語はオシャレでクールなものと認識されているのか?
 すると、オケアン号で同じ車室となり、一緒に町歩きしてくださったHさんが、「ウラジオストクではこんな車がありましたよ」と。
a0021929_16442035.jpg
 …………。
 うん、ワルのテイストとか強そうなイメージを求めたかったんだよなきっと。気持ちはわかるが残念だ。なんでかすごく残念だ。
 Hさん、笑えるネタ画像提供ありがとうございました。

 5月6日に軍の式典があるらしく、ハバロフスクでは予行演習をやっていた。
a0021929_1793513.jpg
 レーニン広場。小学校の鼓笛隊パレードよろしく、後ろの列がグダグダしていた。いいのかロシア軍。

a0021929_16453630.jpg 「あー終わった終わった」「はやく昼飯食いてー」
 ……と言ってたかどうかは定かでないが、練習が終わるやいなや、隊列崩してくつろぎはじめた若人たち。おうち兵舎に着くまでが練習じゃないのか。

[PR]
by terrarossa | 2010-08-22 17:13 | 正しい道路の渡り方 | Comments(0)


<< ロシア極東の市場を行く      正しい道路の渡り方 ロシア極東... >>