2010年 05月 31日
ロシアのサッカーも見に行く その2:ウラジオストクのディナモ・スタジアムへ!
 5月2日(日)、ディナモ・スタジアムにて、ルーチ・エネルギヤ対ウラルのリーグ戦(ディビジョン1・第8節)を観戦した。

 ルーチ・エネルギヤのホームスタジアムは、「ディナモ・スタジアム」。10,500人収容。ここにもあったか「ディナモ」が。

a0021929_3541582.jpg スタジアム外観とチームバス。
a0021929_3543373.jpg 正面入口。

 1958年に創設されたルーチ・エネルギヤの当初のチーム名は「ディナモ」だったとか。翌1959年から2003年までのチーム名が「ルーチ」、現在のメインスポンサーは電力会社ほか複数の企業、団体等。で2004年以降は「光線エネルギーフットボールクラブ」と。名称一つとっても時代の動きが感じられるなあ。

a0021929_3553649.jpg チケット売り場。当日券を買い求める、黒い装いのおっさんやらオニイサンやらでごったがえしておりました。

 メインスタンド中央席(日本でいうところのS席)が200ルーブル。1ルーブル約3円として600円!こちらの物価は、ものによるが大体日本の半額くらい……だとしても、200ルーブルというのは安すぎるような。
 それにくらべてイヤーブックが350ルーブルって……
a0021929_3555819.jpga0021929_35615100.jpg
 これがお高いイヤーブック。100ページ強、A4版フルカラーで紙質も決して悪くないつくりだが、チケット代より高いってどうよ。窓口のお姉さんに「えっ、これも買うの?」と驚いたような表情をされたが、そりゃそうだよな。

a0021929_357997.jpga0021929_3572695.jpg
 チケットとマッチデープログラム。マッチデープログラムは2試合分まとめて載っている。A5版。50ルーブル。

a0021929_3575487.jpg スタジアムの外回りには、ファングッズを売っている露店がいくつもあった。そういえば街の他の場所や、試合日以外でこういうファングッズを売っているところは見かけなかったな……

a0021929_3581766.jpg メインスタンド側入口。女性警備員もちゃんといて、ここで荷物チェックとボディーチェックを行い、入場する。


 ルーチ・エネルギヤのチームカラーは黄色と青。シンボルは虎(沿海州のシンボルも虎だ。きっとアムールトラなのだろうな)。なので、スタンドは黄色と青の配色、場内アナウンスには随所にトラの咆吼が。

a0021929_3584238.jpgエネオスもスポンサーになっているらしい。

a0021929_35929.jpg
 ウォーミングアップする選手たち。キックオフ20分前。
[PR]
by terrarossa | 2010-05-31 04:09 | サッカー | Comments(0)


<< ロシアのサッカーも見に行く そ...      ロシアのサッカーも見に行く そ... >>