2010年 05月 30日
ロシアのサッカーも見に行く その1:ルーチ・エネルギヤ・ウラジオストクの事務所へ行ってみる
 ロシアのサッカーが見たい……(←脳内旧ソ連邦フットボールフェスティバル絶賛開催中につき)
 が、ロシアに行きたしと思えども、ロシアはあまりに遠し……いや、近いところにあるじゃないか、ロシア!
 
 ということで、2010年のゴールデンウィークは、日本から飛行機で二時間弱の、ロシア極東方面行きとなったのだった。

 ウラジオストクには、ルーチ・エネルギヤ・ウラジオストク(Луч-Энергия Владивосток)というクラブがあり、現在、実質2部リーグに相当する「ディビジョン1」に所属している。2006~2008シーズンにはロシア・プレミアリーグ(ロシアのトップリーグ)におり、その時は、数多くのチームが移動時間のあまりの長さに閉口し、時差ぼけ状態での戦いに苦しんだとのこと(ロシア・プレミアリーグのクラブは、そのほとんどがロシア西部に本拠地を置いているため)。現ロシア代表で、CSKAモスクワのゴールキーパー、イゴール・アキンフェエフが、格下と見なしていたこのチームにアウェイで惨敗を喫した際に「ルーチはJリーグでやるべきだよ」とこぼしたとかなんとか。うーむ、確かに日本からウラジオストクまでだったら2時間弱。対してモスクワからは飛行機でも8時間+ものすごい時差、というのはツライよなあ。
 距離が近いだけに、日本との交流はそれなりにあって、トップチームやユースチームがアルビレックス新潟や清水エスパルスと練習試合を行ったこともあるという。ということで、ロシアのクラブながら、このチームの試合を観戦したことのある日本人は、実は結構いるのではないかと思っているが、どうなんだろうか?

 で、まずはルーチ・エネルギヤ・ウラジオストクの事務所を探してみた。住所からすると、市の北の方にあり、海と線路に隣接したところのようだが、おおざっぱな地図しかなかったので、北へ向かって走っている路線バスに適当に乗って行くことにした。
 で、このへんかも、と降りてみたところは大きな住宅団地の中で、それらしき気配もなし。が、うろうろとさまよっているうち、該当の通り名(ул.Овчинникова)に行き当たる。ラ、ラッキー?

a0021929_244069.jpg この小さい建物がそうなのか?

a0021929_2442759.jpg 26-aが事務所の住所……たしかにここだ。

a0021929_245424.jpg おお、トラマークが。まちがいない!

a0021929_2453780.jpg で、入口ってここか?……うむ、いかにもロシアだ。
(商店ですら中の様子もうかがえず、入っていいのかどうかためらってしまうエントランスが、ロシアのデフォルトである。防犯上の理由だとしてもなあ……)


a0021929_246822.jpg ←その一例。これが百貨店入口って。


 なんとも地味でつましいたたずまいのクラブハウスだった。
ちなみに、建物の奥手が練習グラウンドになっていた。大きくはないがきちんとしていて、チームカラーである黄色と青の観客席もしつらえられているのが遠くから見えた。セキュリティのおじさんもちゃんといたし(ひまそうだったが)。

a0021929_2465352.jpg 帰り際、ユースの選手たちがバスに乗って出かけるところに遭遇。


 街で見かけた大看板。「はいこれ持ってー、ポーズとってー、笑ってー」とか言われていそうだ。スキャナやプロジェクターを抱えてにっこり、まるで家電量販店の店員のようなロシア代表のみなさん(左から、イグナシェビッチ、ガブロフ、ジリャノフの3選手……多分)、絶賛営業活動中。エプソンよ……(遠い目)
a0021929_2471711.jpg
 彼らが今回のワールドカップに出場できないことをあらためて残念に思った、ウラジオストクでの午後。
[PR]
by terrarossa | 2010-05-30 03:01 | サッカー


<< ロシアのサッカーも見に行く そ...      軟弱本読み、脳内祭りに踊る >>